悲劇再び。

フロントブレーキラインも出来上がり車体もピカピカに磨いたので、ブレーキ並びに電気系統の状態チェックも兼ねて軽くRVFを走らせてみることにしました。
今年は初詣に行っていなかったので、地図で30km圏内にある一宮神社をピックアップし、そのうちの一つに出向くことにしたのです。
30kmくらいなら何かトラブっても帰ってこられるでしょうから・・・(^ ^;;

で10:00AMごろに颯爽と出発!ちょっと曇天で肌寒いですが、エンジンはすぐにかかりました。こいつは良い傾向かも?
アイドリング時が12.5V程度と若干電圧は低めであるものの、軽く煽れば14.5V程度まで上がります。フロントブレーキもバッチリ効きますし、これはもしかしたらこのまま症状が治るかも・・・と思っていたのですが。

目的地周辺で地図確認のため、エンジンをかけたまま4〜5分程度スマホの地図アプリを閲覧。
現在地と目的地との関係がわかったところでさぁ走り出そうとしたその瞬間!

電圧が10V程度に・・・orz
さらに追い討ちをかけるかのように、この時と同じくエンジンの回転を上げると電圧が下がっていくという状況になってしまいました(アイドリング時が一番電圧が高いが、それでも11Vでないくらい)。
やっぱりダメだったか〜。
というわけで、結局目的地へは行かずにそのまま自宅へUターンして帰ってきたのでした。

しかし今回さらに不思議なことが。
途中、少しでも消費電力を減らそうとヘッドライトカプラーを抜いて消灯したのですが、そのまましばらく走行していると、電圧が戻ってきたのです。
アイドリングで13Vくらい(これはヘッドライトを消灯しているからというのもある)、アクセルを煽ると14.5V程度まで上がるようになりました。

なんだかな〜。状況から見て、オルタネーターの発電もレギュレーターの調整もきちんと機能しているのではないかと(低電圧しか出なかった時も、軽く煽ればわずかですが電圧は上がる)・・・。とすると、おかしいのは本体の電気回路ではなく、バッテリーそれ自体の可能性も・・・?

そういえば思い当たることが。

ちょっとわかりづらいかもですが、心なしかバッテリーが膨らんでるんですよね・・・。

というわけで、近日中にバッテリーを変えてみることにします。
それでダメなら、もう僕の手には負えません。自分でなんとかするのは諦めて、大人しく入院させることにしようと思います!
・・・とても残念ですけど、しよーがないですもんね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)