パネルスイッチのバックライト交換!

結局球切れしていたのかしていなかったのか不明なままなのですが、実は交換用のバルブを用意してしまっていたので、せっかくだから全てのバルブ(4箇所)を交換することにしました(笑)

このバルブを交換するためにはオートA/Cコントロールユニットを取り外さなければなりません。
そのために、まずダッシュボードの中身を全て出して空っぽにし、ダッシュボードを大きく開けます(バコッと取り外すことはできません)。
そこから中を覗くと白いツメが見えていますので(写真右の赤丸)、これを真下からグッと押し上げます。
ものすごく堅い上に狭くて押し上げる指先に力が入らないのですが、とにかく気合でグーっと押し上げていきます。

するとセンタートレイが少しだけ浮かび上がるので、内張剥がしなどを差し込んで隙間を確保。
気をつけながらコジコジしていくと、パコっとトレイが外れます。
先ほど押し上げたツメは下段写真のような構造なので、力を入れてグッと押し出せば隙間ができるわけですね。
取り外して見てみるまではこの構造がわからなかったので、最初は返しみたいな構造になっているものと考えて横方向に押しながら上げまくり、無駄な労力をたくさん使ってしまいました(横方向に押し込んでも持ち上がるわけがないですね)。
・・・ツメが割れなくてよかった・・・(^ ^;;

センタートレイが外れたら続いてセンターパネルを外します。

これも内張剥がしを入れ、こじって外していくだけです。ツメを割らないように慎重に作業します。
パネルが汚れているのはご愛嬌(笑)
取り外したついでに丸洗いすればいいんでしょうけれど、ちょっとそこまでの時間が取れないので・・・。
ところで、下段写真赤丸にある、タッピングスクリュー。これ、一体どこのが外れて落ちたんだろう?
センターパネルに使われているものではないので、外す際に本体側から落ちたようなのですが、困ったことにどこに収まっていたものなのやら見当がつかず。
(組み上げる時にそれっぽい箇所を見つけたのでひとまずそこに差し込みました)

そしてもう一つ気になるのが、センターパネルのこのツメ(写真左の赤丸)。
明らかに他のツメと形状が異なっています。そしてサービスマニュアルにもここだけツメの形状が違うという記載はなく・・・。
ツメについている白いカバー状のものが外れて落っこちたのかな?
ただ、このツメが収まる場所の形状もまた他のそれらとは異なるので(写真右の赤角)、これはこのままでもいいのかも?

パネルが外れたら、オートA/Cコントロールユニットの取り外しです。

これはスクリューで止まっているだけなので、ドライバーで簡単に外せます。
ただ、ケーブルが短いため、カプラーを外さないとユニットの裏側(バルブが差し込まれている側)を見ることができませんでした(このカプラーを外すと面倒な場合があるらしいのでちょっと躊躇しましたが)。

これでようやくオートA/Cコントロールユニットにフルアクセスできるようになりました(^ ^)

ひっくり返したら、背面にある4箇所のバルブを外します。マイナスドライバー(一番細いやつ)で少し力をかけながら回せば外れました。

切れていたのは4箇所のうち1箇所だけだったので、純正バルブを一つだけ購入して・・・とも考えたのですが、どうせ取り換えるなら4箇所まとめてのほうがいいに決まってます(1箇所切れたということは残りのバルブもそのうち切れるということでしょうし)。
で、せっかくなのでRVFのメーターパネル周りと同様、こちらもLEDバルブに交換することにしました(笑)
T4.2というバルブが適合サイズらしいですね。実際比べてみると、少なくとも台座の大きさは同じのようでした。

4箇所それぞれにバルブをセットし、LOCKの方向に回して固定するだけ・・・なのですが、これがうまく回らずに四苦八苦。
回すためのものと思われる溝がついているにはついているのですが、この溝が細すぎて普通のマイナスドライバーなどは入りません。
そこで手持ちの一番小さいマイナスドライバーを使ったのですが、これだと今度は幅がなさすぎて、バルブを回そうとするとドライバーの接触面がえぐれてしまい、どうあってもバルブ本体が回らないのです。
それでもなんとかバルブを回して(多分大丈夫だろうと思うところまで)固定できたので、とりあえずこれでよしとします。いや、本当に良いのかどうか自信がないのですが・・・orz

※作業終了後、ピンセットがあるとやりやすいという情報をゲットしました。

そうしたらカプラーを繋いで通電チェックを行います。LEDは極性がある(はずだ)し、その場合点灯しませんから再度向きを変えて付け直さなくてはならないからです。全部かっちり戻してから転倒しないことに気がついたのでは目も当てられませんからね〜。

ただ、作業したのはまだ日の高いお昼少し前のため、ライトを点灯してもバックライトがきちんと付いているのかどうかがよくわかりません。
手持ちのゴムマットで光を遮りながらチェックすると、どうやらLEDは全てきちんと点灯しているようです。ただ、どんなふうに光っているのかまではよくわかりませんでした。

どのように光って見えるのかなどは夜になるのを待ってから、ですね。ちょっと楽しみでもあり、ちょっと不安でもあります・・・(^ ^;;

LEDに変えるとまだらに光るという話も聞きますが、果たしてどうなりますことやら?
乞うご期待!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)