解決していなかった・・・Σ(°д°lll)ガーン

カプラーを交換することで解決したはずだったRVFの電圧問題
実際のところ、この間奥多摩を回った時も全く問題なかったですし、今日だってちょっと買い物に美女木の2りんかんへ行った時も全く問題はありませんでした。
普通にエンジンがかかる幸せを噛み締めながら現地に赴き、ルンルンで買い物を済ませ、さぁそれじゃ帰ろうかというそのとき。

まさかの「ブーッ」音が。あぁ、聴き慣れたこの音・・・orz

でも今回は音だけではなく、視覚的に電圧を確認できるようになっていますから、さっと目線をボルトメーターに移すと、まさかの9.7V!?
・・・おかしい。ここに来るまでチラチラとボルトメーターに目線を送りましたが、アイドリングで12.3V程度を維持し、2000RPM程度あたりで14.5Vくらいに上がり、その後は大体13.8Vで一定になる状態でした。
充電できていないということは考えられない・・・。

ひとまず押しがけでエンジンをかけ、帰路の間もちょくちょくとボルトメーターを見てみると、アイドリングで12.0Vから0.1V刻みで下がっていき、11.5Vを下回ってしまうことがありました。
(ことがありました、というのは、つまりそうではない時もあったということ)

この状態の時は4000RPM程度まで回してようやく14V程度になるのですが、その後ある程度走るとアイドリングは12.3V程度に落ち着き(それでも少しずつ落ちていきますが)、その時は普通に2000RPMあたりで14.5V程度を発生します。

もう訳がわからん・・・。
ただ一つ言えるのは、実は来週、同僚とツーリングに行く予定だったので、これが原因かも?(笑)
だって、いっつも楽しみにしているお出かけの直前で何らかのトラブルが発生して結局出掛けられない、というのが相場でしたからね〜・・・orz

さー、どーすっかな〜・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)