飛騨・木曽お礼参旅行01:越後湯沢

3回目(3年目)の挑戦で無事クリアすることができた行政書士試験ですが、1年目は湯島聖堂、2年目は湯島天神にそれぞれお参りをし、お守りを購入して試験に臨みました。
しかし残念ながら、両年とも結果はあと一歩届かずじまい。

そこで3年目の今回は、私にとってはパねぇ神通力を発揮してくれる「飛騨一ノ宮水無神社」本気(?)の願掛けをしてお守りも購入し、自分に発破をかけ、背水の陣の覚悟(?)で試験に臨むことに。
そして今回もこちらの神社のパねぇ神通力の助力を一身に受け、おかげさまでなんとか合格を勝ち取ることができたのでした。

とは言っても、もちろん神頼みは最後の最後。
神頼みに先駆けて自分で必死に勉強もしましたから、自分へのちょっとしたご褒美と、それから飛騨一ノ宮水無神社へのお礼参も兼ねて、旅行を計画したのでした。

しかし季節は冬真っ只中。

というわけで、相棒のRVFで回るのは諦めて(笑)、もう一人の相棒、フリードハイブリッドで2泊3日、越後〜飛騨〜木曽を回るルートで旅行をしてきました。

ちなみに、僕は車で旅行をするときは基本的に親(母。やや身体が不自由です)を連れて行くことにしています。なので、この旅行もこれまでと同様、親孝行旅行の側面もあったりします。
そのため、撮影はすべてiPhone5S。
画角等が限られてしまうのですが、RVFを駆って単独で行く撮影旅行とは趣旨が違うので、まぁそれもいいかと(笑)

というわけで、明け勤務終了日。
帰宅して間もなくの15時前後に東京を出発し、まずは越後湯沢に向かいます!
ここにはうちの(とても)小さな部屋があり、いつでも行くことができます。つまりチェックイン時間等を気にしなくて済むわけです。
出発が遅くなるこういう場合は、やっぱり重宝しますね〜。

現地で買い物したり、もちろん温泉に入ったりもしたので、部屋に到着したのはなんだかんだで20時前後。

そして現在の気温、-4℃!
吐く息はものすごく真っ白です。

雪の量はまずまずです。
でも、豪雪地帯を思わせるかつての雪の量とは比較にならないくらい少ないです。そもそも、少し前まではスタッドレスでは脱出不可能になるくらい積もっていたのですから・・・。
(ひーこさん、だから「まずまず」なのです 笑)

湯沢町三国にしては珍しく、雲ひとつない星空。東京で見るそれとは、星の数が全く違います。
iPhone5Sでは伝えられないのがもどかしい!
でも今回は撮影のための旅行ではないので、我慢我慢(笑)

このあとは、昨年お歳暮で送った毛ガニで鍋をしながらビールで乾杯!
明日の朝は8時出発予定なので、早め(と言っても日付が変わらない程度ですが)に就寝します。

明日は津南、松本を経由して安房峠越え、そしてまずは岐阜県の高山を目指します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)