土台取り付け!

今日もまた午後から雨が降るとのことだったので、午前中のうちに土台の取り付けを行いました。
え、何のって、そりゃ~RVFにフィールドシートバッグを取り付けるための土台です!(笑)

IMG_4683でもまずはフィールドシートバッグの固定用ベルト装着から。
前回はシートカウルの外側からシートレールにからませる(左はマフラーステー)やり方でしたが、あのやり方だとベルトの長さ的にもうパツンパツンだったので、今回は固定位置を変更してみました(ついでに、右側のあの位置にベルトを装着するのがすごく大変で・・・)。

なので今回はシートを外し、すぐそこに見えるシートレールに巻きつけてみたのです。
長さ的にはこれならまったく問題はありません(取り付けも楽ちん)。
問題があるとしたら、このベルトのせいでシートの装着に難ができてしまうか、あるいはライディングポジションに何らかの制限が出てしまうかといったところでしょう。
いずれにしても、やってみれば分かることなので、とりあえずこのまま続けましょう!

IMG_4684リア側は前回と同様、ウィンカーを利用します。ってゆーか、そこくらいしか無いんですよね(笑)

IMG_4685そして土台が固定されたタンデムシートを取り付けて、ちょっと確認。
うん、大きくずれたりはしてませんね。

IMG_4686もっとも、装着位置などに関しては前回と同じですから、装着後の姿はまぁなんとなく想像はつくわけですが、案の定代わり映えしませんね・・・(^_^;;

IMG_4687でも固定するためのゴム(古タイヤをリサイクルして作成されたゴムだそうです)は、前回よりもスマートに取り回されている・・・はずです。

IMG_4688その証拠に、ほら。
前回のと比較してみれば一発ですが、今回はシートバッグを置く面に見えているゴムはこれだけです。

IMG_4689たったこれだけしか出ていないゴムがフィールドシートバッグの固定を邪魔するとは思えませんが、とりあえずセットするだけしてみましょう。
で、載せて見たところ、うん、まったく問題なし。

IMG_4690まだバッグの中身が空っぽであるということもありますが、きちんと装着できそうです。
では引き続き、ベルトをバックルに固定してみましょう。

IMG_4691まだシートを装着していない状態ですが、この状態ならばもうまったく問題無しです。
後は、シートを取り付けても問題が無いかどうかですね。

IMG_4692はい、シート装着。
もっとボルトの固定に手間取るかと思ったら(ベルトの結び目が作る厚みでシートが押されるかと思っていた)、なんのなんの。
まったく干渉すること無くシートの取り付けができました。
これで懸案だったうちの一つが解決。

IMG_4693ちなみに横から見るとこんな感じ。比較的しっかりとベルトを引き締めると、当然ですがシートカウルとベルトとの間には隙間が生まれます。
ただシートが浮き上がったり、シートカウルがひしゃげたりすることはありませんでした。

となれば、最後の問題は自分が座ったときにこのベルトが邪魔にならないかどうか。これも乗ってみればわかりますよね。

IMG_4694で、乗ってみました。
バイクをいじるときは大抵このウォームアップを作業着にしているのでそのままの格好でまたがっていますが、この普段着(上はスポーツ用のTシャツ)でも特にベルトが体に触れて変な感じがすることもありません(というか、ベルトがあるという感じがしない)。
実際にはジーンズにライディングジャケット(これはメッシュ地ですが結構厚手になります)で乗車しますから、ますます気になることはないでしょう。
ということで、これもクリア。

後はフィールドシートバッグに荷物を(上手に)詰めて、ここに載せるだけです。

でも最後に。

IMG_4695タイヤにエアを入れておきましょう。
本当はガソリンも入れてしまいたかったのですが、僕はとにかく貧乏性な上に心配性なので、ガソリンは出発当日に入れたいんですよね~。
うちからGSまでなんて往復したってホンの数kmなんですが、その分が目減りするのが不安で・・・(^_^;;

で、本当はGSでガスを入れ、そのついでにコンプレッサーを借りてエア補充・・・と思っていたのですが、ぶっつけ本番でエクステンション経由でエアを入れるのは危険?というのと、手間取って出発が遅れても嫌だな・・・というのとで、ならエアは(大変だけど)手作業で補充しておけばいいか、みたいな(笑)

・・・結構大変でした・・・orz

でも、これで下準備はばっちり!
後は上準備?をきちんと整えるだけだ!今からもうワクワクしています(^-^)

お天気さえ心配なければ、チョーワクワクなんですけどね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)