シーズン最後の大雪 in 苗場

4月2日、3日の二日間、お天気予報では北陸〜東北にかけて雪の予報が出ていました。月末には夏タイヤに履き替える予定なので(つまり今はまだスタッドレス)、最後に今履いているスタッドレスを存分に活用すべく、1泊2日で行ってきました越後湯沢(苗場)。

そしてまさかの展開。

トンネル(三国トンネル)を抜けるとそこは・・・吹雪でした。
4月なのに、猛吹雪です。この降雪具合はちょっと想定外です。

さっき通った峠道(国道ですよ!)が、小一時間もしないで戻ってきたら、もう路面はふかふかの新雪三昧。一面の銀世界です(除雪が追いつかない)。
まるで真冬です。
まぁ、これを求めてきたといえばその通りなのですが・・・。
それでも通い慣れた道ですし、まだ昼間ということもあって通行に支障が出るほどではありません。
この日は麓で買い物を済ませ、いつもの温泉で一息入れたら苗場の小部屋で一泊です。

入浴前に雪を払ったフリードハイブリッドですが、出てきたときにはこの状態。
30〜40分でこれくらいのつもり具合か〜。微妙だな〜。
さらに、明日もお天気予報は雪なんですよね〜。

小部屋に戻った後は軽く一杯(笑)
そしてストーブを燃やしたまま(それでも部屋は結構寒い)布団にくるまって眠り、一晩が明けると・・・。

猛吹雪継続中(笑)いやもう笑うしかないです(^ ^;;
そしてそんな天候ですから、当然車はこうなってます。

くどいようですが、今は4月です。暦の上でも気分の上でも「春」のはずなのですが、どうやら一晩中降り続いていたようですね(そして今も降っている)。
・・・さて、どうやって車のところまで行こうかしら。

ちょっと上から見ると、こんな感じ。
なんかの生き物みたいです。
ま、前回のこれよりはマシなのかもしれませんが、あの時はまさに雪のシーズン真っ只中だったのに対し、こちらはくどいようですが4月ですからね〜。
ほんと、季節外れの大雪になっています。
ま、これを求めてきたといえば(略

ちょっと停車位置がまずかったようで、消雪パイプから噴き出している水がパンバーにかかってしまっていて、大地とバンパーとを氷の柱でつなぎとめていました。
幸い氷柱は小さなものだったので軽く払いのけることができましたが、もしガッチリと凍り付いてしまっていたら、部屋からお湯を持ってくるなどより面倒なことに・・・。
とりあえずホッと胸をなでおろします(^ ^;;

そうこうしている間にも、時折吹く強風が木々に積もった雪の塊を蹴散らし、それらが轟音を立てて地面に降り注いできます。
屋根から雪が落ちてきて怪我をした人のニュースを目にすることがありますが、なるほどこの圧力なら確かに怪我をしますし、場合によっては命を落とす危険があることも納得できます。
一方で山の天気は変わりやすく、不意に眩しい朝日が差し込んできたりして目まぐるしく天候が変化します。
全体的に回復に向かっているような印象ですが、予断は許しません。

状況を確認後部屋に戻って朝食を済ませ、荷物をまとめます。
車両本体やその周辺の雪を大まかに払いのけて荷物を搭載したら、開店時間にあわせていつもの温泉に入るべく、出発です。
が、ちょっと時間の読みを間違えたようで、開店までまだ少し時間がある頃に到着してしまいました。
そこですぐそばにある小さな神社に出向いて撮影を楽しみ・・・いや、楽しいのですがとにかく寒い!!
D750は防塵防滴なので雪が降る中での撮影でも問題はない(はず)ですが、撮影者の方は問題大あり・・・。
設定変更のためのダイヤル操作やボタン操作があまりの寒さでうまく行えず(指が動かない)、15分ほどで撮影中止。
ちょうどそのあたりで温泉の開店時間となったこともあって、そそくさとひとっ風呂です。
この時ほど温泉の温かさが身に染みたことはありませんでした(笑)

温泉を出たら、ちょっと麓の越後湯沢で用事を片付けて、お昼ご飯はやっぱりここ。へぎそばで有名な中野屋さん(塩沢店)でいただきます。
苗場のある三国地方から麓の越後湯沢に降りるに従って少しずつ雪の降りが弱くなっていったのですが、塩沢にある中野屋さんに着いたときには天候はほぼ回復していました。
凍えながら撮影した神社での体験が嘘のようです・・・。

両岸に真白く積もった雪と、その真ん中を貫く魚野川。
中野屋さんではこの絶景を目にしながらお蕎麦をいただけるので、こちらに来る時は大抵立ち寄っちゃいますね〜。
まだ周囲の山々が隠されてしまうくらい雲は多いものの、時折陽射しも差し、部分的に青空も顔を覗かせ始めました。
どうやら天候は確かに回復基調にあるようです(^ ^)

雪の上に影がはっきりと形を残すくらいに日差しが強くなってきます。
しかしこの辺りの桜の木はまだピンクに色づくこともなく、じっと冬が通り過ぎるのを待っている段階のようでした。
この10連休あたりが見頃になるのかもしれませんね〜。

ちょっと余談ですが、今回苗場への往路は下道を使ったので、途中赤城山麓にある千本桜(群馬フラワーパークのそば)へ立ち寄ってきました。
こちらの桜はようやくちらほらと花が咲き始めた木があるといった具合で、開き始めた蕾で全体的にほんのりピンクに色づいていますが、こちらも満開まではまだちょっと時間がかかりそうな感じでした。
それが山を越えたこちら側だとまだその段階にもなっていないわけですから、桜前線って本当に緩やかに北上していくんだなぁと感心します(笑)

話題が逸れましたが、中野屋さんでは普段はもちろんへぎそばをいただきます。
でも今日はこの寒さですから、温かいお蕎麦をいただきました。
そして、暖かい店内で温かいお蕎麦をいただいていたら、ちょっと困ったことに。
というのも・・・。

食事が済んで撮影した一枚がこれ。
また吹雪いてきたのかと思うかもしれませんが、そうではありません。
なんとレンズの中玉が曇ってしまったのです・・・orz
外気温と室温との差が激しすぎてこんなことに。ソフトフォーカスといえば聞こえがいいかもですが、困っちゃいますね〜。

こればっかりは時間が経たないと曇りが取れないので撮影は諦めてしばらくカメラを放っておきます。
もっとも、この後はもう一路東京へ帰るだけ(しかも帰りは時間の関係もあって関越道を使います)なので、特に撮影を行うような場面もなさそうですから、まぁいいでしょう。
実際のところ、30〜40分程度車の中に放置しておいたら、復活しました。

おぉ、シャープな写りが復活したぜ(笑)

というわけで、スタッドレスを最後にもう一回活用しようというほんの軽い気持ちで訪れた苗場で、まさかの吹雪の襲われるという貴重な経験(?)をした今回の旅行。
今度の休みあたりでがっつり汚れた車体をピッカピカに磨き上げたら、月末ごろをめどにタイヤ交換ですね〜(タイヤの割引券の有効期限が切れる前に行かないと!)。

今回、夏タイヤは履き換え(買い替え)なので、ひとまずイエローハットで品定めして予約を入れてこなくちゃ!

2件のコメント

  1. ニュースで雪が降ってるの見ましたよw
    いつの雪だろうと思いました(笑

    ひーこのパソコンはWindowsです。
    画面の設定はわからないのでできませんが、真ん中に1列奇麗にでかく見ることができます。

    1. ひーこ さん
      いやー、かなりの大雪で、びっくりしました。
      「最後にスタッドレスを活用しよう♪」なんて軽いノリで行ったために大火傷・・・(雪ですが)。

      それはそうと、写真が真ん中一列にしか出ませんか〜。うーん、なんでしょう・・・?
      Windows機が手元にないのでちょっと確認できないのですが、調べてみます〜。
      写真自体は見えているようですので、しばらくはそれでご容赦を・・・(^ ^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)