一時停止中のプラグインでも削除するのは危険!

ダッシュボードのサイトヘルスステータスで表示される改善項目数をとりあえず少しでも減らしておこうと思い、「おすすめの改善」と称して停止中のプラグインを削除するように促すセキュリティアラートに従ってみることにしました(致命的な問題の方は解決策が見当たらないので)。

しかし、かつてインストールしたプラグインは当然何かをするためにインストールしたわけで、それをよく思い出さないまま「使う」「使わない」を見定めてしまった結果・・・こことかこことかに保存してあるコンテンツの画像の配置が大きく狂ってしまうことに。

このプラグイン(画像データを横並びで配置するためのもの)が何に使われているのかわからなくなっていたのは、WordPressの投稿インターフェースが従前のそれと大きく変わってしまったということも大きな理由の一つではあるのですが、古いコンテンツは従前のインターフェースで作成されていたわけで、こうした意識の欠如も原因の一つなんですよね・・・。

幸い、そのプラグインを入れ直すことで問題は解決しましたが、システム側からエラーを指摘されたと言う理由だけで盲目的にその対処方法に従ってしまうのも考えものだということを学びました(笑)
なので、解決しない致命的な問題の方も、とりあえず放っておくことにしよう(というか、どのみちそうするしかない)・・・。

ちなみに、その削除してしまったプラグインは「Shortcodes by Angie Makes」です。きっとまた忘れちゃうだろうから・・・(^ ^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)