オルタネーター電圧チェック

前回の走行中の電圧降下問題は、その前のそれと違って途中で電圧が復活するというワケの分からないことになっていたわけですが、ひとまず注文しておいた新しいバッテリーが届いたので、近日中にまた同じように走行試験を行ってみようと思っています(もう自分でできそうな交換パーツはこれくらいしかないので)。... [続きを読む]

+2

様子見ライディング。

無事に電圧が上がるようになった我がRVFですが、持ち前の心配性も相まって少し走ってみることにしました。あれからしばらく間隔があいちゃってますし。
さて、出発前に電圧測定し、13V程度あることを確認、軽くアクセルを煽ると14Vを楽に越える電圧となることを確認したら、プラッと一回り。... [続きを読む]

+1

ジェネレーター復活(か?)!

前回、またまた変なところで作業が終わってしまったジェネレーター分解清掃でしたが、曇り空で蒸し蒸しするものの降雨の予報がなかった今日、そこから後の作業を行いました。今日メインで行うのは折り返し部分、つまり組み付け+動作確認!... [続きを読む]

+1

スターティングモーター電圧測定

最後のあがきとして、スターティングモーターの電圧測定を行ってみました。 メインのスイッチを入れて測定したところ、テスターの数値は10mV程度・・・。 ま、狭い空間にポケットテスターですから、正しく測定できているのかどうか自信はありませんが。 でも、どうもスターティングモーターまで電気が来てないんじゃないかな〜、みたいな? で、せっかくなのでスターティングモーターの単体テストも行ってみることにしました。ちょうどモバイルジャンプスターターもあるので、こいつを繋いでモーターが回るかどうかチェックしてみようという腹積もり。 結論。 モバイルジャンプスターターの使い方がいまいちわからず、スターティングモーターを回すことは叶いませんでした。 結局、状態表示のランプだけだと、モバイルジャンプスターターの状態がはっきりとわからず、適切に給電させるにはどうすればいいのかが(少なくとも怪しげな日本語の)マニュアルからは読み取れなかったんですよね〜。 (その後、ネットで調べてなんとなくわかりましたがそのときにはもうRVFは組み上げてしまいましたので・・・) というわけで、我がRVFの電気系統に関するトラブルはタイムアップ。時間に追われていることもあって、なんか段取りも悪かったのですが、今となっては後の祭り。 もう僕にできることはなにもなくなりました。無念。 ま、そういうこともあるか!... [続きを読む]

0

電圧測定。

僕のRVFは今年の5月に再び車検を迎えます。 今年は構造変更は無いので、単純な継続車検となるため、手続的には少し楽になりそう(別に構造変更だってそんなに大変ではありませんでしたが)。 ただ一つ、この頃のマシンは全般的にそうなはずですが、とにかくヘッドライトが暗い! 前回の車検に先立ってテスター屋さんに行ったときも、光量不足でパスできないかも・・・と言われましたし、今回もこのまま車検を受けに行っても同じような不安を抱えたままになってしまいます。 そこで、ヘッドライトを明るくする対策を取ることを検討中。 それに先立って。 IMG_5915バッテリーの電圧測定。まずはイグニッションOFFの時。 IMG_5916次にイグニッションONの時。 ポケットタイプの小型テスターは便利なのですが、やっぱりワニ口クリップ(オプション)が欲しいですね・・・。測定が微妙に大変でした。 それから本丸のヘッドライト。 IMG_5911まずはロービーム側。 配線に関してはあらかじめサービスマニュアルにて確認しておいたのですが、僕は実際にものを見て試してみないことには不安が取れないタイプなので。よく言えば心配性(悪く言えば小心者)なんです。 IMG_5912オゲ。 ロービーム側、通電確認。ちなみに今回は配線確認が主目的なので、エンジンは始動していません。 IMG_5913ハイビーム側はこうなります。気持ち的には、ハイビームが上に配線されていた方がぴったり感があるのですが・・・(^_^;; IMG_5914はい、こちらも通電確認。 もちろんエンジンは停止したまま。 配線の確認はこれで問題なく行えたので(当たり前ですが、サービスマニュアルの記載と合致していました)、今回はこれにて終了。 この薄暗いヘッドライトをこれからパワーアップ・・・もとい、光量アップを図っていろいろチャレンジ予定です! 少なくとも、車検までには!(笑)... [続きを読む]

0