折れたボルト交換。

自転車メンテ中に破断してしまったサスペンション固定用のボルト。このボルト、種類としては「六角穴付きボタンボルト」というやつらしいのですが、なんとこの種類のボルトは近所のホームセンター(島忠)でも扱いがありました。
ただ、折れてしまったボルトはM6で長さが大体40〜45mm、折れていない方で50mmほどあり、この長さのものがない!
ですがホームセンターで扱いがあるくらい一般的なボルトですから、何度か訪れたことのある(でも欲しいボルトはついぞ手に入らなかった)近所の「ねじのデパート」にいけば上記の長さのものの取り扱いがあるのではないかという一縷の望みも。... [続きを読む]

続きを読む

ボルトが折れた!(自転車)

このところ、自転車を漕いでいると「カンカン」というか、「チンチン」というか、なんとも形容のし難い小さな打音がすることに気づきました。
原因の特定はできていないのですが、おそらく何かが緩むか何かして当たっているのではないかと想定して、手始めに古いボルトやナットを磨くことに。
クランクあたりから音がしているような気がしていたので、ひとまず自転車のリアサスペンションを抜いてサスペンション周りを全体的に清掃して様子見することにしました。... [続きを読む]

続きを読む

ハンドルのずれを直す(自転車)

少し前に気づいたのですが、愛車の一つ、WARP SXのハンドルの向きが、前輪の向きとビミョーにずれています。
走り辛いとか、姿勢がきついとか、はっきりとおかしな事がわかるくらいではないのですが(だからずっと気がつかなかった)、一度気づいてしまうと気になって仕方がありません。... [続きを読む]

続きを読む

パンク修理(自転車)

DIYでタイヤ交換も終え、快調に走っていた愛車GIANTのWARP SX。
ですが先日のこと。走行中に妙にリアが流れるな~・・・と思い、またがったままリアタイヤを見ると、あら、つぶれているじゃありませんか。
その少し前にエアを入れたばかりのはずなのですが、もしかしたら入れ方が甘かった?(そんなわけないことは分かっていましたが、一応自分を騙してみました 笑)
そこで帰宅後にもう一度既定値までエアを入れ、翌朝確認してみると・・・やっぱり空気が抜けていました。... [続きを読む]

続きを読む

SW-722: FLINGERチェーンリングカバー

RVFのチェーンカバー (チェーンガード)は結局問題の原因が判明しないまま抜本的な対策を取ることで一応の解決を見ましたが、今回のチェーンカバーはMTBのそれのお話。
購入した時からチェーンカバー・・・というか、フロントスプロケットカバー(以下、チェーンリングカバー)は付いていたのですが、もうボロボロでカバーの役目を全く果たしていなかったのです。... [続きを読む]

続きを読む