富士山周遊ツーリング 3:談合坂SAで集合

談合坂で朝ごはんを済ませ、ちょっとぶらついてのちしばらく。
会社の同僚と会うことができました!

IMG_6868

そして、これが今日の参加バイク!
一番右が僕のRVF。そのお隣が同僚(というか、先輩)のGSX1400。そして一番左が同僚(というか、後輩)のハーレーダビッドソンSeventy-Two。
タイプ(レプリカ、ネイキッド、アメリカン)も排気量(400、1400、1200)もまったくバラバラの、おっさん3人組です!(笑)

IMG_6869

ふと向こうを見やると、バイク置き場の角っこに、なんとRC30が止まっていました!お仲間お仲間(笑)

そして一通りバイク談義に花を咲かせたら、いよいよ出発です。
今回は僕の企画立案ツーリング。集合時間も集合場所も、行程も立ち寄り場所も全て僕が下調べをして時間を見積もって組み上げています。
そして僕自身あちこち立ち寄りながらのツーリングが好きというのもあるので、今回はとにかく富士山を堪能できるスポットにあちこち立寄ろう!というコース選定になっているのですが、こまめに休憩ポイントを設けているもう一つの理由が実はこのハーレーだったりします。
というのも、このハーレー、世に言うところのピーナッツタンクで、ガソリンタンクの容量が8リットルくらいしかないんです。
そう、つまりこまめに給油に立ち寄ってあげる必要があるから、ということ。
所有者ご本人の話によると、なんでも100kmも走ったら給油しないと危険なんだとか。たしかに、実燃費が例えば15km/Lだったとしたって、120km程度しか走れませんものね〜〜〜。

そんなわけで、あらかじめ作成して配っておいた今日のツーリングのためのしおり(冊子)には、立ち寄りポイントとその場所の出発予定時刻を入れておき、東京に戻る時間が大幅に狂わないように計算しつくしておきました。
僕は翌日も休みですが、残りの二人は明日は早番勤務なので、帰りが夜中とかになるとまずいのです。

ですから綿密に作成したタイムテーブルもそこに入れて全体的な統率を取るよう心がけたのですが、まぁだいたい予定ってのはその通りにはいかないわけで・・・。

だって、8時に談合坂出発の予定だったのに、施設のテレビではNHKの朝の連続テレビ小説が始まっていたという衝撃の事実!!(笑)

なんとなく一抹の不安を覚えつつ、予定を15分ほど遅れて、いよいよ談合坂SAを出発します。
まずは大月JCTから河口湖ICに向かって、90-100km/h程度で巡航クルージング!
平日だから高速道路も空いてて気持ち良い!

待ってろよ、富士山!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)