MacBook Airが突然ブラックアウトしてしまう

実家に寄贈して、現在うちの親が使っているMacBook Air。さすがゼロスピンドルで、快調に動いていたのですが、今朝連絡があって、なんでもCDを聞き流していたら、いきなり画面が真っ黒になって、何もできなくなってしまったとのこと。

光学ドライブはつけていないので、たぶんiTunesで音楽を聴いていた、ということなんだろうと思いますが、外付けのトラックボールを動かしてもキーボードを押しても汎用がないそうです。

とりあえず、電源ボタン長押しで強制的にリブートできることを(電話だったのでかなり苦労しつつなんとか)教えて、再起動させることができたので、そのまま使ってもらいました。

でも、夕方にまたメールがきて、同じ状況になってしまったとのこと。

ただ、今回はリブートの仕方を覚えていたので、自分で対応できたみたいです。

しかし、立て続けに同じ変な状況になるのはよろしくありません。と言っても、手元に実機があるわけでもないので、まずは同じような現象の人がいないかチェックすることにしました。

そしたら、こういう情報が。

どうも、作業中にもかかわらず勝手にスリープモードになり、復帰できなくなるらしいのです。これなら画面が真っ黒になってしまうという状況にも合致します。そして復帰できないなら当然トラックボールやキーボードを操作しても反応がないこととも合致します。

で、そのページによると、PRAMリセットという方法で改善する可能性があるそうです。

iphone5sから、帰宅の電車での投稿なので詳細はリンク先をみてもらうとして、その方法だけ引用しておきます。

Macの電源をOFFにする

Command、Option、P、Rの4つのキーをいつでも同時に押せるように確認(場所の確認だけ。まだ押しません)

Macの電源をONにする

「ジャーン」といういつもの起動音が鳴ったら、さっき確認した Command、Option、P、R の4つのキーを同時に押し続ける

Macが再起動して2度めの「ジャーン」という起動音が鳴ったらすべてのキーから指を離す

という方法だそうです。

今度実家にいったら、ためして見ることにします。これで症状が収まってくれるといいのですけど…。

+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)