WordPressでファイルをアップロードする

無事に起動・動作するようになった自宅BLOGサーバですが、実際に運用してみなければ気がつかないことも多々あるモノ。

たとえばテスト投稿したときには分かりませんでしたが、運用を始めて投稿するようになり、記事内に写真を貼り付けようとしたらエラーが。

なんでもパーミッションを確認してどうのう・・・って。

調べてみると、WordPressはファイルをアップロードする際、wp-content/uploadsディレクトリを作成し(wp-contentディレクトリはWordPressインストール時に作成されている)、そこに配置するようになっています。ところがアップロードしたことがないとまだuploadsディレクトリは作成されておらず、このディレクトリを作成しようとすると、wp-contentディレクトリに書き込み権限がないためエラーになってしまうのです。

そこで一度wp-contentディレクトリのパーミッションを777に変更し、作成時のユーザ以外が書き込めるようにパーミッションを変更。この状態でまずはファイルをアップロードする記事を作成して投稿してしまいます。

投稿後確認すると、wp-content/uploadsディレクトリが作成されていますが、この所有者はapacheになっています。目的のディレクトリに適切な書き込み権限が設定されているので、よけいな穴はふさぐべく先ほどのwp-contentディレクトリのパーミッションを755に戻します。

wp-content/uploadsディレクトリはapacheが所有者になったママなので、以後はこの設定でファイルをアップロードすることが可能になります。

めでたしめでたし(笑)

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)