crontabでdicedを実行させた・・・けど・・・

以前、dicedをcrontabに記述して自動実行させる手順を試してみましたが、しばらくはうまくいっていたっぽいのに、このごろなぜかdicedがうまくIPアドレスを更新できなくなっているらしく、借りているDNSサービスから「IPアドレスの更新通知がないよ!」というメールがちょくちょく送られてきています。
都度リモートログインしてIPアドレスを更新していますし、割り振られているIPアドレスもそうそう更新されるわけではないので実害はない・・・と言えばないのですが、気持ち的によくないわけです。

従来はcrontabに

/usr/local/bin/DiCE/diced -e0

と記述して実行させていましたが、少なくともcronのlogにはエラーらしきものはなく、コマンドそのものは実行されているようです。
じゃ、dicedのlogをチェックしてみるかと思ったら・・・。

logが記録されてませんでした・・・orz

そりゃそうですよね、コマンドにlogを取るオプション(-l)を指定していなかったのですから・・・(^ ^;;

というわけで、crontabへのコマンドを修正。

/usr/local/bin/DiCE/diced -el 0

ついでにオプションと引数の間にスペースを挿入しました。
なくてもコマンド単体での動作は行えていたのですが、なんとなく落ち着かなかったので(スペースで区切ってもコマンド単体での動作に問題はありませんでした)。

なお、dicedのlogはcatコマンドで見ることができますが、文字コードの関係でUTFにしないと文字化けして読めません。そのため、yumでnfkをインストールし、

# cat event***.log | nkf -w

とパイプすることで文字コードを変更して表示できます。これ、結構忘れがちなので・・・(^ ^;;
ほんとはスクリプトか何かで纏めちゃえばいいんでしょうけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)