cronで実行するとdeadになる(iptables.service)

新しいサーバOSへの載せ替えも完了し、使い慣れたiptablesでファイアウォールを構築できてルンルンだったのですが、ここでまたまた問題が発生。
中国や韓国からのアクセスを遮断するためのファイアウォール用のスクリプトを、コマンドラインから(sh ./hoge.shなどで)実行すると問題なくiptablesの設定が完了するのに、これをcronで自動実行させると必ずその後iptables.serviceがdeadになってしまうのです。
コマンドラインからの実行はできているので、スクリプトに問題があるわけではないと思います。
となると、crontabでの記述の仕方に問題があるのかな?
それとも同じ実行時刻に何か違うプログラムが実行されているとか??

・・・謎は深まるばかりです。
とりあえずファイアウォール用のスクリプトは都度手動で実行することにして、その間に原因をさぐらないとなぁ・・・。

+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)