リアフェンダー樹脂パーツ、さらにその後。

走行試験をする前にリアフェンダーを装着しましょう。
と、色々と角度やクリアランスなどを調整しながら取り付けていると、「パキっ」というちょっと嫌な音が。
どうやら接着面の接着剤が剥がれてしまったようです。

ねじ止めだけで固定されている補修部分は明らかにぐらついていて・・・。

あぁ〜・・・orz
無念ナリ。

結局パックリと折れてしまいました。
まぁ、あのまま取り付け作業を続けたところで、走行中にこうなったであろうことは明らかですから、ある意味これで良かったのかもしれません。

固定用のネジが浅くしか入っていないように見えると思いますが、これよりも長いネジを使うと、ネジの頭が貫通してでてしまうんですね〜・・・。
なのでこれより長いネジで再固定することは無理。

というわけで、もともとついてきた樹脂パーツを補修して再利用するのは諦めました。ただ、このリアフェンダーを使うことを諦めたわけではありません。要はこの樹脂パーツ部分に代わる「何か」があればいいわけですから!

細々とですが、この話題はまだ続きます!負けないぞ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)