もう一つの悲劇。

交換したシフターは好調でシフトチェンジは全く問題なく行うことができます
ラピッドファイヤーはカチッカチッと小気味よくシフトチェンジし、なるほどこれだとレボシフトには戻れないかもな〜という気持ちにさせてくれます。
ところが、問題は別のところからやってきて・・・。

寒空の下でしたが軽快に走行していて、歩道の段差を乗り越えたまさにその時。
何かが落ちた音がしたので止まって振り向いたところ、それはなんとリアフェンダー!
ですがリアフェンダーは構造的に外れるようなものではありません(なので最初フロントフェンダーが外れたのかと思ったくらいです)。
で落ちていたそれをよくよく観察してみると、なんとフェンダーを固定している部分が根本から折れてしまっているじゃないですか!!
まだ買って間もないのに!

この一箇所だけで支えているんだし、もしかしたら振動でここに力が集中して折れてしまったのかも?
でも、フェンダー自体は樹脂でさほど重さのあるものでもないし、そもそもこの接続具の向きがおかしい。その状態でシートポストに固定されていたら、フェンダーはとんでもない向き(真上)を向いてしまうぞ?

というわけで推論。
リアサスが沈んだ際にタイヤがフェンダーと接触、その際にフェンダーを跳ね上げタイヤがフェンダーを巻き込む形で強烈な力が加わり、そのまま折れてしまった。

というところでしょうか。
これ、この部分だけの補修パーツとかってあるのかな〜??
せっかくシフターの交換ができたのに、よもや別の場所が新たに破損してしまうとは・・・。
・・・なんか悪いことしたのかな・・・(T_T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)