税金PayPay初納付!

自治体への税金の納付がPayPayで行えるようになったので、生まれて初めてセブン銀行でPayPayチャージを行い(カードからのチャージはYahoo!カードでしか行いないらしいので)、また生まれて初めてPayPay残高からの納付を行いました(ちなみにこれまで貯めたPayPay残高はほぼ全てヤフオク!での売上金によるもの)。

現金で払ってもメリット(還元される何か)があるわけでもなく、かと言ってクレジットカード決済に対応していてもカード決済手数料は別途徴収されてしまうなど、カード払いの(還元的)メリットもなし。
その一方でキャッシュレス決済(クレジットカード決済だって広い意味でキャッシュレス決済ですが)を使えば、決済方法にもよりますがポイントによる還元が受けられるものもあります。
となれば、キャッシュレス決済での納付を検討しますよね、普通(笑)

なお今回納付をしたこの自治体ではキャッシュレス決済の方法としてPayPayとLINE Payに対応していましたが、ポイントによる還元があるのはPayPayだけでした(これは自治体というよりも、キャッシュレス決済企業に依拠する事柄だと思います)。
税金の納付でPayPayのポイントがつくのは(還元率が著しく低いとは言っても)、PayPayユーザとしてはやっぱりありがたいですよね〜。

唯一不安があるとすれば、PayPayなどのキャッシュレス決済を利用した場合、納付を済ませたという証明が手元に残らないこと。郵便局などで支払えば、払込書の片割れを領収書として受け取ることができますが、そうした目に見える形での支払い証明がないんですよね。
もちろんアプリでの入出金履歴から確認することはできますが、これだってどのくらいの期間確認できるのか(どれだけ遡って表示できるのか)という問題もありますし、この辺りがちょっとだけ心配。

とりあえず決済番号を払込書に書き込んでおくという、とってもアナログな方法で記録を残しておくことにしました。
こうしたアナログなやりとりをなくす(現金の手渡しだってアナログなやり方ですよね)ためのキャッシュレス決済のはずなのに、それを選択したことによってかえってアナログな手順が一つ増えてしまったのはなんとも皮肉な話のような気もしますが(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)