グリップ交換してみた!(自転車)

うちのBLOGで一番アクセス数の多いページがRVFのグリップ交換のページですが、それにあやかって(笑)タイトルをつけてみました!

さて、このところ続いてきた自転車関係の話題ですが、今回のグリップ交換をもって一応の完成となります。
オーダーしておいた交換用のグリップが(ようやく)送られてきたので、さっそく交換します!

お取り寄せしたのは、grungeというブランドのショートグリップ。
元々のグリップが100mmないくらいのショートタイプだったので、それに類する長さのものでちょっと見栄えのいいものを探して見つけたものです。
グリップエンドも被われているので別途グリップエンドを用意する必要がないのもいい感じです。

で、さっそく取り付けてみました。
元々のグリップを引き抜き(既にゆるゆるだったので引っ張るだけで簡単に抜けました)、新しいグリップを差し込むだけ・・・だったのですが、新しいグリップの方が若干長さがあったようで、そのまま差しただけだとグリップエンドがハンドルバーにかからず、グリップを固定することができませんでした(グリップエンド部に締め込み用のボルトがついている)。

そこで、グリップをもう少し奥まで突っ込めるようにブレーキレバーとグリップシフトとをそれぞれ奥側に移動させます。
どちらもボルトを緩めれば動かせますので限界まで奥へ押しやります(ハンドルバーは奥で少し折れるため、ある程度のところ以上にはおしこめない)。
限界まで押し込んだところでグリップをこれまた限界まで押し込み、グリップエンドのボルトを締めてグリップ本体を固定。その後、グリップシフトとブレーキレバーとをグリップ側に目一杯寄せて固定。
ついでにブレーキの角度もいい感じのところに調整しておきます。

両側やったら完成!

さっそく試走に出かけてみました!
といっても、実家と自宅の往復用なので実家に足を伸ばしただけですが(外出自粛中ですし、ね)。

稼働部に注油したことも相まって、漕ぎ出しは快調そのもの!
平坦な道はもちろん、上り坂もギアを軽くして楽々と走り抜けることができました!
可能な限り磨きましたから、新車の輝き・・・とまではいかないまでも、20年モノとしては充分過ぎるくらいの美しさではないかと(笑)

まだ細かな部品にサビがあったりしますが、まぁそこまで神経質にならなくてもいいのかなとも思いますし、気になるようならおいおい少しずつ交換していってもいいでしょうし、とりあえず乗り回すのになんら問題がなくなったので、これでひとまず自転車いじりは終了しようと思います!

遠出はできないけど、通勤も含めて、これからちょっと自転車に活躍してもらうようになる・・・かな(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)