VLCの字幕表示をデフォルトでオフにする

VLCメディアプレイヤーでmp4等を視聴する時に、字幕が設定されているとデフォルトで字幕が表示されてしまうようになってしまいました(これまではそんなことなかったように思うのですが、記憶違いか・・・?)。
字幕の表示は必要な時だけ出すようにしたい、つまりデフォルトではオフにしたいのですがその設定方法が見当たらず。
そこでgoogle先生に助けを求めたところ、その方法がわかったので備忘録しておきます。

まず、vlcを起動し、メニューバーから「vlc」→「環境設定」へ。
環境設定ウィンドウが開いたら、「字幕/OSD」タブをクリックして項目を表示させます。

ところがこのタブ内には当該設定項目はありません(そこでずっとハマってました)。
このタブで、左下にある「全てを表示」ボタンをクリックし、設定可能な全項目を表示させます。

左側に全設定項目のリストが表示されるので、その中から
ビデオ」→「字幕/OSD
とクリックし、オンスクリーンディスプレイ(OSD)の詳細設定画面を開きます。
その画面の一番上に
サブピクチャーの有効化
という項目があり、デフォルトではチェックが入っています。このチェックを外して保存すれば、字幕をデフォルトでオフにすることができるのです。

これでいちいち再生時に字幕をオフにするという定型的な操作から解放されます(^ ^)
よかったよかった♪

ちなみに、わざわざ「字幕/OSD」タブをクリックして選択しましたが、その操作はなくても(どのタブからでも)全ての詳細設定画面に行けたので、これは余計な手順でした。
てっきりタブタイトルの詳細設定画面しか出ないものだと思っていたもので・・・(^ ^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)