富士山と河口湖

昨日(14日)、所用で山梨県富士川町を訪れる用事がありました。
せっかく富士山のお膝元まで足を伸ばすので、ちょっと河口湖に寄り道して、久方ぶりに青空にそびえ立つ富士山を堪能してきました♪

河口湖から、河口湖大橋方面に富士山を望む。この日は河口湖美術館という美術館が、月に一度設定している無料入館日だったので、そこに立ち寄った時に撮影です。
開館時間前に着いてしまったので、強風吹きすさぶ中(しかも風はものすごく冷たい!)、ぶらぶらと周辺散歩しながら撮影して回ったのですが、あまりの寒さゆえ長時間の散策は・・・無理!

雲ひとつない晴天!これはパノラマにするしかないですよね〜(笑)
本当はフルサイズで載せたいところですが、WordPressのプラグイン設定でサイズ制限をしているので・・・(^ ^;;
パノラマなのに通常の撮影よりこぢんまりしてしまうのが残念です。

開館したら中に展示されている写真や絵画を堪能します。文化的な旅行ですね(笑)
小一時間の滞在の後、ここから富士川町役場に向かいます。そこで物品を受け取るのが今回の目的なのです。

本当は河口湖、精進湖、本栖湖あたりの湖畔を走って富士川町に向かう予定だったのですが、ナビ先生の指示により湖畔の周遊は河口湖だけになってしまいました(そこから甲府方面へ向かってしまう)。

桜の季節に来たら、ものすごく綺麗でしょうね〜。

その途中で立ち寄った展望場所・・・なのかな。
確かにここなら綺麗に富士山を一望できます。美しい!この景色を見られただけでも良しとしますか!

富士川町までは1時間ちょっと。
早速町役場での用事を済ませたら、せっかく訪れた地方自治体なのでそこにある温泉に浸かって東京に戻ることにします。

立ち寄ったのは役場からほど近い「まほらの湯」という温泉施設。ネット割引クーポンがあったので、それを使って入館します。
こちらの温泉にしたのは、食事処が併設されており、山梨名物の「ほうとう」を食べることができたから(ホームページ上にもお勧め料理として大々的に取り上げられていた)。温泉と食事を一カ所で済ますことができれば、体も休まりますもんね〜。

なのに温泉を上がってから食事処に行くと、そんなものを提供したことはないとまで言われ・・・。

じゃあ、これは一体なんなんだ!?

温泉は露天もあってそこそこ良かっただけに、こうした対応は少々残念。フロントで一通り苦情を伝え、食事は別の場所で行うことに。ま、一回こっきりの用事でこちらにきただけですから、もう2度と立ち寄ることはないでしょうし(この温泉にも、もちろん富士川町にも)、あまりカリカリしても仕方がありませんね・・・。

山梨県に来てほうとうを頂くなら、やっぱり専門のお店の方がいい、となって、訪れたのは小作 河口湖店。以前山中湖のお店に訪れたことがあって知っているお店でしたし、お味やメニューもわかっていましたし。

お店に着いたのが14時少し前くらいでしたが、なんとこの日は都合で15時ラストオーダーとの張り紙が。あぶなかった〜(笑)

今回は少しリッチに(?)豚肉ほうとうにしてみました。チョー満腹です(^ ^)

行きは高速を使いましたが(来訪の時間の問題もあったので)、帰りは時間に追われることがまったくありません。
なので下道を使って奥多摩湖の方から帰ってきました。途中、あわやガス欠かというくらいまでガスの残量が減ってしまい、ちょっと焦りつつもなんとかスタンドにたどり着くことができて一安心(笑)

やっぱり給油は早めにしておかなければいけませんね〜(^ ^;;

ちなみに、富士川町を訪れた用事というのは、Yahoo!の官公庁オークションで落札した公売物件の引き取りでした(笑)
母の代理で入札し、結果的に落札できたので(発送してもらうこともできたのですがせっかくなので)引き取りに行ってきたのです(今回は近場で良かったです。秋田まで取りに行ったこともありましたから 笑)。
そんなわけで、母を連れて行ったためRVFではなくフリードハイブリッドで出かけたのでした。

その他、来週頭には雪国に出向くので、その前にこの間交換したばかりのスタッドレスタイヤの皮むきやタイヤの感触を知っておきたいというのもありました。夏タイヤに比べて(インチ違いという要素もあるものの)ふわっとした印象はあるものの、その分乗り心地もソフトでいい感じです。

東北方面に行くの、ちょっと楽しみです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)