祝・古稀:親孝行旅行〜清津峡、上高地、木曽 05

ホテルのお部屋はユニットバスですが、いわゆるビジネスホテルのそれを想像してはいけません。
別物です。だって、ユニットなのに寝湯ができるんですよ!?(笑)

そんなわけですから、冷え切った体をゆったりバスに沈めて体の芯から温め直し、さっぱりしたところで朝食に向かいます。

ところで今回の宿泊プランは、夕食をアルペンローゼでいただくプランでしたが、朝食は洋食か和食かをチェックイン時に選べるようになっています。
洋食なら昨晩と同じアルペンローゼで、和食ならあずさ庵という日本食レストランでいただくのですが、夕食がアルペンローゼなので、朝食はせっかくですから違うレストランで食べたいですよね(笑)
というわけで、和食のあずさ庵を選択しました。

朝食は時間を指定するので、予約した時間に遅れないようにあずさ庵に出向きます。
お部屋番号を伝えれば、係りの方が席まで案内してくれます。
窓際、特等席!(笑)

ガラス越しに見る青空も、とても綺麗。まだ木々の枝がはっきりと見て取れるあたりに、冬の名残を感じますね。

そして朝食。
いわゆるバイキング形式ではありません。ちゃんと御膳なのです(^ ^)

ご飯はお櫃に入ってくるので、好きなだけお代わりできます(笑)
ガキンチョの頃はおかずとして食べることのできなかった様々な料理(おしんことか、ね)を、今は心の底から味わって食べることができます。
やっぱり和食っていいですよね〜(洋食ももちろんいいけど 笑)。

そして完食。
もう満腹なのに、カフェ グリンデンワルドのコーヒー割引券をいただいたので、この足でコーヒーを飲んでから部屋に戻ることにしました(ちなみに割引券には利用可能時間があり、食後に立ち寄らないと事実上使えない・・・)。

カフェ グリンデンワルドは、ホテルのフロント真正面にあります。
ホテルに入って真っ先に目に入るのがこの巨大な、ロケットのブースターを思わせるようなマントルピースなのですが、このマントルピースがカフェ グリンデンワルドに設置されているわけですね。
夜はこのように薪で火が起こされ、雰囲気バッチリ!
(昼間は消えています)
そしてこれが周りをしっかりと温めてくれています。ほんのりホカホカで、気持ち良い!

よくよく眺めてみると、どうやら釘を使わずに製材を組み合わせて作り上げられているようでした。
ここでコーヒーを頂くなんて、もはやプチ贅沢ではなく、完全な贅沢ですね。でも、たまにはいいですよね。本当にたまにしかないんですから!

香り高い、とても美味しいコーヒーでした。そして嬉しいことに、お代わりできます。
あれ、コーヒーだけ?と思ったアナタ!
お楽しみは最後まで取っておくものですよ!(笑)

全体はこんな雰囲気で、ハイキングなどの途中で一般の方が気軽に立ち寄れるようになっています(宿泊しなくても利用出来る)。

コーヒーを頂いた時のマントルピースはこんな感じ。薪の火が消され、整えられているのがわかります。
お寺の鐘のようにも見えますが、やっぱりロケットブースターの方が近いかな〜(笑)

カフェ グリンデンワルドにはテラス席もあるので、もう少し陽気がよくなればそちらで上高地の自然を感じながらコーヒーブレイクするのもおすすめかも(まだちょっと肌寒いです)!

豊かな時間を心ゆくまでたっぷりと味わったら、一度お部屋に戻り、いよいよ帰り支度を始めなければなりません。
あー、もう何日かのんびりしたいな〜(でもそんなに予算は組めません! 笑)。

もうしばらく続きます

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)