au版iPhone5Sを、iOS10.x.xにアップデートしてUQmobileで使う(成功)

今から3年半ほど前。
鬱々真っ盛りの時期だったこともあり、何か少しでも環境を変えようともがいていたまさにそのタイミングで予約開始&販売開始されたiPhone5S。
Android端末から変更したら、何かが変わるかもしれないと期待して、発売と同時にiPhone5S(64GB、ゴールド!)に機種変更をしました。
「そう、アイフォーンならね」というキャッチコピーを信じて。

で、実際のところは別に何もかわりゃーしなかったわけですが、その後auとも色々あり、ちょうど2年が経過して端末分割も残額0円になったタイミングで、KDDI傘下の格安SIMであるUQmobileに環境をスイッチ。
データ通信専用端末として現在もこのiPhone5Sを愛用しています。
しかし、乗り換えの当初からUQmobileでサポートされるau版iPhone5SのiOSバージョンは、iOS 7.1.2まで(世間的にはiOS 8に切り替わっていた時期でしたが、僕はぐずぐずと7.1.2を使っていたので乗り換えることができた)。

その後は人柱的な情報でiOS9で使うことができた、とか、iOS8にアップデートしたら全く通信できなくなった、などの情報が飛び交っていましたが、僕はセキュリティ的には不安がることを承知の上で、確実に通信することのできる(公式にサポートされていた)7.1.2を使い続けていました。

ですがこの度、mineoやIIJmioなどの高い技術力のあるMVMOの努力によって、新しいプロファイルが公開されるなどし、iOSのアップデートに伴う通信環境の不具合が解決の兆しを見せはじめていました。
そこで、やや人柱も覚悟しつつ、au版iPhone5SでiOSのアップデートを行い、最新版の10.2.1に更新してみることにしました。

まず最初にしておかなければならないのは、データのバックアップです。特に、アドレスブックのデータが飛んだといった情報も散見されるので、必要なデータは必ずバックアップを取っておきます(場合によってはフルリセットが必要になることもあるそうなので)。

バックアップをきちんと取り終えたら、次に行うのはインストールするプロファイルをすぐに参照できるようにしておくこと。

構成プロファイルを自分宛にPCからメールで転送するなど、色々方法はありますが、僕は一番簡単に、safariのブックマークに該当するURLを追加することにしました。
自宅でアップデートなので、Wi-Fi環境はありますし、Wi-Fi接続の場合はプロファイルは関係ありませんからね。

ついで、現在のプロファイルを削除します。

僕はすでにUQmobileを使っているので現在のプロファイルもすでにUQmobileになっていますが、通常ここはauのプロファイルが入っていることでしょう。

削除したら、先ほどの新しいプロファイル先にアクセスし、ダウンロード&インストールを行います。

再びUQmobileのプロファイルになりますが、日付が新しくなっています。この新しいプロファイルなら、iOS 10にあげても通信できるはずですが、果たして。

そしてインストール完了。もう後には引けません!(笑)

当たり前ですが、プロファイルを変更しただけでiOSはまだ古いバージョンのままですから、この状態でも普通に4G回線を使ってネットに接続できています。
この古い画面とも今日でお別れだ〜。

さぁ、いよいよiOS 10にアップデートを行います。これをしたらもう元に戻すことはできなくなります。これが本当に後戻りする道を断つことになるのです。
覚悟を決めて、インストール開始です!

ダウンロードが始まり、アップデートの準備が行われます。この「アップデートを準備中」のプログレスバーがなかなか進まずに、結構やきもきしました。
準備中で固まってしまったのではないか・・・など不安に思うくらいにゆっくりとプログレスバーが進んでいきます。気長に待ちましょう。

レッツインストール!
だって、やるって決めたんだから!

iPhone5S自体はiOS10に対応しているのですから、アップデートそれ自体で問題が発生するとはちょっと考えにくいですよね。

なので、アップデートは問題なく完了しました。
この後、iCloudドライブやキーチェーンなど各種設定を(必要に応じて)設定して最後まで進むと・・・。

無事にアップデートは完了です。
しかし問題は4G回線で通信できるかどうかです。

現在はまだWi-Fiでつながっているので、普通にネットに繋がりますし、メールの送受信だって問題なく行えます(iCloudアカウントのメールです)。
そういえば、コントロールセンターの画面構成が随分と変わりましたね!

恐る恐るWi-Fiをオフにしてみたところ・・・。画面上では問題なく4G回線を掴んでいます。

そして4G回線でsafariを立ち上げると・・・ちゃんとトップページが開きました!
(上図の左上参照。au回線で4Gを掴んでいることがわかる)

というわけで、かなりドキドキしたにもかかわらず、やってみたらあっさりとiOS 10.2.1(最新バージョン)で普通に通信が行えたのでした(笑)

これで当面は使い慣れたiPhone5Sを、まるで新しい端末を買ったかのような気持ちで使うことができます(笑)
問題があるとしたら、次のメジャーアップデートでiPhone5Sが足切りされてしまう可能性がある・・・ということですかねぇ〜。

ま、何にしてもこれで周りのiPhoneユーザと話を合わせることができます(^_^;;
←今まで、バージョン違いで話に加われないこともあったので(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)