フロントキャリパー取り付けとブレーキライン考察

今日はオーバーホールを終えたキャリパーの組み付けを行います!
・・・って、宣言するような作業内容ではないのですが。... [続きを読む]

+3

レギュレート・レクチファイア固定用の折れてしまったボルト問題解決。

相変わらず起動しないRVFですが、できることを一つずつ。 ということで、本日またまたフリードハイブリッドで美女木2りんかんへ出向き、折れてしまったレギュレート・レクチファイア固定用のボルトの代替品を購入してきました。 それが、こちら。 毎度おなじみの、キタコ・コンビニパーツ(K-Con)です! 購入したのはフランジ付SHボルト(M6x15 P1.0)とフランジ付ナット(セレート無/ステンレス M6 / P1.0)の2種類。 小物だったので、溜まっていたポイントで清算できました。 購入するにあたって、ボルト・ナットのサイズが異なっては一大事。 なので出かける前にボルトの長さをあらかじめ計測しておき(大体1.5cm〜2.0cmでした)、さらに折れていない方を留めているナットを外して2りんかんに持参し、商品と照らし合わせてみて問題ないことを確認してからの購入です。 その甲斐あって、ナットに関してはこれで全く問題ありませんでした。 さて、あちこち立ち寄ったりしながらも日のあるうちに帰ってくることができたので、とにかくこのレギュレート・レクチファイアの固定問題だけでも解決させておくべく作業開始です。 と言っても、ボルトを通してナットで留めるだけですが・・・。
まずは穴を開けた側にボルトを(裏側から)挿入。引っかかりもなくスムースに入りました。頑張った甲斐がありましたね!(笑) ぱっと見、長さ的にもちょうどいいみたいです。当初は2.0cmの長さのボルトにしようと思っていたのですが(僕は基本的に心配性なので、長さが足りないと困るなと考えていた)、2りんかんに2.0cmのボルトの在庫だけがありませんでした。 そこで短い方の1.5cmの方を買って帰ってきたのですが、むしろそれでよかったのかもです。
プレートとレギュレート・レクチファイア本体を通してみましたが、これまた全く問題なく、まるであつらえたようにピッタリです(笑) そうしたら最後にナットを締めて、レギュレート・レクチファイアの折れてしまったボルト問題は無事解決です。 ナットを回す時にボルトが供回りしてしまうので、ボルト側のフランジを接着剤か何かでフレームに固定してしまった方がいいかもですが、まぁそうそう外す必要のあるパーツではありませんし、ひとまずはこのままでいいでしょう。 なお、折れていない方も購入してきた綺麗なナットに交換しておきました。古いナットは色も変わっていて、若干歪んでいるのか、買ってきたボルトにスムースに入れることができませんでしたので。 手で揺すってみてもビクともしません。 どうやらこれで本当にレギュレート・レクチファイアの折れてしまったボルト問題は解決宣言を出してもよさそうです。 いやー、本当にここに来るまでが長かったな〜。 でも、レギュレート・レクチファイアが固定できても、現在我がRVFは不動車真っ最中。 まだまだ先は長いぜ。... [続きを読む]

0

RVF組み上げっ!今度こそ!!

というわけで、前々回はオイル交換、前回はチェーン清掃まで紹介しましたが、今回いよいよ外装の組み付けに入ります(笑) 分けて書いてますが、実際は一日で行なっていますから! ところで組み上げる前にしなければならないのが、本体部分の洗車。 IMG_0300そこで登場するのが、これ。 バケツはいいとして、なんでじょうろ? ・・・それは、マンションの駐輪場には、水道設備がないからですっ! シャワーの代わりに、じょうろで水(この日はあまりに寒いのでお湯にしましたが)をかけていく事で、消費する水の量を節約するわけですね。 だって、節約しないと何度も部屋まで汲みに行かなければならなくなってしまいますから。 ちなみにじょうろの中に入っているのは、2りんかんで購入してきた洗車用ブラシ。 ブラシは主にホイール磨き用のつもりで購入したので、隙間にも入り込むような(ペットボトルブラシみたいな)形状のものを選択しました。 IMG_0301そうして、あっちもごしごし、こっちもごしごし。 足回りは、前に紹介したホイールクリーナーも活用して徹底的に磨きます! 特に足回りが綺麗になると、バイクが一気に美しくなるような気がしますね〜(^-^) IMG_0302ちょっと引き締まって見えません?(笑) しかし、ひと通り磨き終わってすっきりしたところで、とんでもないことが!! RVFは言わずとしれたプロアームですから、メンテナンススタンドはシャフトにぶっさして片側だけで持ち上げる構造です。 ところが、このシャフトがきちんと入っていなかったらしく、バイクを所定の場所まで移動してメンテナンススタンドに体重をかけてリフトしなおしたところ・・・。 グラグラっとなって、そのまままるでスローモーションのようにRVFは右に傾いていってしまいました。 せめて左に傾いてくれれば、サイドスタンドで抑えられたのに、右に倒れてしまったのでもうそのままステーーーーンッ! となりに止められていた自転車にもたれかかるようにしてRVFは約45度の角度に倒れこんでしまったのです。 狭い場所で倒れ込んでいるので、もう起こすのも一苦労。 何度か起こし直す作業を繰り返して、ようやく起こしあげたら・・・。 IMG_0303ガ━━(;゚Д゚)━━ン!! タンクに傷(というか、ヒビ)が・・・っ! ま、状態から見て表面の塗装がいたんだだけだとは思うのですが、これは結構いたい・・・orz タンクもワックスをかけたのでピカピカになっているために、余計に傷が痛々しい・・・。 ちなみに、アッパーラジエータの側面も少しだけですが凹んでしまいました。 外装を組み付けていなかったのは不幸中の幸いだった・・・のか? IMG_0304でも、気を取り直して。 まずは最悪でも乗れる状態にしなくてはという事で、シートカウル、テールランプ、シートなどを組み付けます。 なんか、久しぶりの感じ! IMG_0305薄暗くなり始めましたが、まだ作業はできそうだったのでそのままフロント周りのカウルも取り付け、すべての外装パーツを装着完了! IMG_0306右から見ても、左から見ても、うーん、かっこいいっ! しかし、ここで気になることが。 IMG_0307どうしてネジが余ってるんだ? ちなみに、ひとつはタッピングスクリューで、これは2りんかんで正規のサイズの互換ネジを購入してきて付け替えたので余って当然のもの。 本当は2つ余らなければならなかったのですが(タッピングスクリューは2個セットで、2箇所換える予定だったから)、袋を開けた途端に一つ落っことしてしまい、行方不明に。 余談ですが、購入したタッピングスクリューはキタココンビニパーツの「ウィンカー&ボディ用ビス(十字穴付/トラス/2種タッピング)」です。パーツリストに記載のサイズの互換品として購入してきたのですが、「クリップナット(ホンダタイプ/M4/タッピング用)のビスとしても使用可能」と但し書きがついてました。 一つなくしてしまったので、また買ってこなくちゃ・・・orz それにしても気になるのが、もうひとつのネジ(ビス)。 これ、どこの部品だろう・・・。組み付けを頭の中でトレースしなおしても、締め忘れたような部分はなかったし、念の為目視でもう一度確認しましたが、やっぱり(少なくとも目につく範囲で)締め忘れはないんですよねー。 入れている場所から考えて、外装パーツを外した時に一緒に外しているのではないかと思うのですが・・・(´ε`;)ウーン… ま、気長に探して見ることにします。まさか乗っていていきなり爆発するようなこともありますまい(笑) 最後に通電確認だけして、この日の作業は終了。 本当はRVFに火を入れたかったのですが、このあと別用があったりしてタイムアップ。 次の公休で試走してみたいところです。 ・・・天気予報では東京も雪のようですが・・・ね・・・orz... [続きを読む]

0