第5回 復興支援の旅3 富山県→新潟県

三日目の朝がやってきました。

外の様子は・・・残念ながら雨天です。飛騨一ノ宮水無神社のご利益は、昨日いっぱいで終了なのかもしれない?(笑)
なんてことを考えていても仕方がありません。ここは一発、目覚めのお風呂で心も体も温めて、バイキング形式の朝食をガッツリ食べて気力を充実させる事にしましょう!

今日は今いる宇奈月温泉を出発し、新潟県の越後湯沢、より正確には苗場を目指しますが、今夜の宿泊地となる苗場は自分の部屋なので、ホテルのようにチェックインや夕食時間などによる時間の制限などはありません。
せっかく宇奈月温泉に来ているのですから、同温泉を貫いて流れる黒部川に沿って少しゆっくり散策してみる事にします。

昭和の香りが漂うエレベーターに揺られながらフロント階までおり、チェックアウトと清算を済ませたら、先にRVFにパッキングを行っておきます。済ませておけば、散策から戻った時にすぐに出発できますものね。街中をぶらつくわけではないので、お土産などが増えることはないと思いますし(笑)
ホテルのご厚意でパッキングを済ませたRVFをそのまま駐車場に停めさせてもらい、持参したビニール傘を片手に(もう片手にはiPhone5Sです 笑)黒部川をダム方向にぶらぶら歩き始めます。

ホテルのすぐ目の前が宇奈月温泉駅で、トロッコ列車が停車していました。晴れていたら乗ってみたかったところですが、うっすらとお日様が指しているのに、雨は一向に止まず。
ま、たまには雨中の散歩ものんびりした雰囲気が味わえていいのかもしれません。トロッコ列車に乗らないのは、雨天だからこそなわけですし?

なんて思いながら線路沿いを進むと、間もなく出発のようです。雨に濡れてもいいようにカッパを着込んだお客さんが今か今かと待ちわびている様子が見て取れます。

電車には乗らないのですが、せめてその雰囲気だけでも味わおうと、駅構内と改札口だけ撮影です(笑)
トロッコ列車は、SUICAやPASMOでは乗れないようですね・・・(^ ^;;

かつてのトロッコ列車でしょうか、展示されている車両(乗れるようになっていました!)を見学。傘が邪魔になってしまうので今回は乗らずに外から眺めるだけにしておきました。

ダム方面に向かってテクテク登っていくと、途中に展望台が。展望というくらいですから、きっと見晴らしがいいに違いありません。ここは当然登って黒部川と宇奈月温泉を一望しなければならないでしょう!
お、宇奈月温泉方面は少し空が明るいか?

眼下をトロッコ列車の鉄橋が走っていますが、深い緑の渓谷をまたがる朱色の鉄橋が美しい!木々も鉄橋も雨に濡れて艶やかだから、ますます綺麗に感じます。雨天で少しがっかりしたけれど、それがむしろ正解だったのかもとさえ思えてきます。

展望台からの絶景を独り占めして心行くまで堪能したら、黒部川に沿って再びテクテクと歩いていきます。

歩道用の鉄橋(こちらも朱でした)で黒部川を渡ります。雲を通して弱い光が差し込むだけ。そのほのかな光を湿気を帯びた空気がぼんやりと拡散するさまは、まるで異世界に紛れ込んだかのようです。つくづくD80がないのが残念です。
その一方で、昨日から雨が降り続いているのに、黒部川の水の綺麗なこと!
普通は雨が降ると川の水は濁りますが、透明度は通常の時と変わらないのではないかというくらい透き通っていて、鉄橋の上から川底を覗き見ることができます。

タイミングが合えば、トロッコ列車があの鉄橋を渡るシーンを撮影できそう?
トロッコ列車は結構頻繁に走っているようですから、この散策の帰りにチャレンジしてみましょう!
でも今はひとまずダムを目指して川の上流に向かいます。

趣はあるけどちょっと怖い(僕以外誰も通る人がおらず、チョー心細い! 笑)トンネルを抜け、列車の鉄橋の足元を通り抜けて少しずつダムが近づいてきます。

あたりを鬱蒼と覆い隠す深い森が雲を呼び寄せるんですかね?
重苦しくたれ込める雲の下、ダムまであと一息と思いながら上り坂をトコトコ進んでいると・・・。
トロッコ列車に追い抜かれました(笑)
やっぱり雨でも乗るべきだったか!?

そして・・・。

とうとう黒部ダムに到着です!
・・・と思っていたのですが、実はこれは黒部ダムではなく宇奈月ダムという別のダムでした。黒部ダムはもっとずっと奥地に行かないと見られないのでした(笑)
ダム見学とかもできたのかもしれませんが、いかんせんこのお天気ですし、今来た道を戻ってそれから今日は新潟県に向かわなければなりません。
今日はホテル宿泊ではないので時間に追われないとは言いつつも、やっぱり少しは時間にゆとりを持って行動したいので・・・。

ダム側からの撮影などをほんの少し楽しんだら、今来た道を下って宇奈月温泉に戻ります。

来るときに通ったトンネル脇に、別のトンネルが。なんだろうと思っていたら、どうも降雪時に利用するトンネルのようでした。でも、今は使われてないとかなんとか説明されていたような・・・?

そして朱の歩道橋に戻ってきたら、ここでしばし待ちの時間です。

この歩道橋から鉄橋を渡るトロッコ列車を撮影できるように小さな張り出し部分があるのですが、そこに陣取って(この天候でしたから他にここを通る人は一人もいませんでした)待つこと数分。
反対側に振り向けば宇奈月温泉駅を見ることができ、トロッコ列車が出発する様子も眺めることができます。ちょうど出発直前のトロッコ列車が目に入ってきたので、あの列車が通るのかとワクワクしていると・・・。
きました!
あー、つくづくD80で撮影できないのが残念でなりません。そして背景が青空でないのも残念・・・(T_T)

でもそれなりに綺麗に撮れたと思います(笑)

こうして宇奈月温泉を流れる黒部川周辺を散策できたので満足なのですが、傘をさして歩き回ったので普通の散策よりもやっぱりちょっとおつかれ気味。そんな時は。

甘くて冷たいものを食べて、クールダウン&糖分補給です!ほんのり塩味で美味しかったです。

さ、これで少し元気が出てきました(笑)
それじゃいよいよお隣の新潟県に向かって出発しましょう!

高速道路をかっ飛ばしていくか、それとも下道を使ってどこかで海鮮料理のランチをいただくか・・・なんて考えながらRVFの元に戻ってくると、ちょうど実家から連絡が。なんでもこれから日帰りで苗場に温泉に浸かりに来るとのこと。
距離的には(こちらの方が少し苗場まで距離がありますが)トントンくらい?
なら現地で合流して、温泉とお昼ご飯をおごってもらっちゃおう♪(笑)
なのでルートは北陸道の富山側最後のIC、朝日ICから長岡経由で関越道に入るルートに。

そうと決まれば急いで出発です。

もう荷物のパッキングは出来上がっていますから、ライダーがレインウェアを身につけてまたがるだけ!朝日IC手前で給油を済ませたら、一気に新潟県に入ります!(一つ目のPAである越中境PAを超えたらもうその先はすぐ新潟県です)

北陸道に入ってからほどなく、天候が回復してきました。
なので大潟PA(写真一枚目)に立ち寄って軽くコーヒーブレイクとドライコンディション用のウェア(ってゆーか、レインウェアを脱いだだけ 笑)に装備を交換します。写真を見てもわかるように、結構青空が広がっていて、これはこの先いいペースで走り抜けることができるかもと期待が。
しかし長岡JCTから関越道に入って越後川口SA(写真2枚目、3枚目)までくると、だんだん空模様が怪しくなってきました。越後川口SAにはもともと給油のために立ち寄ったのですが、この具合だとここで装備を雨用にスイッチしておいたほうがいいかも。

侵攻方向に目をやると、こんな感じですからね〜。こりゃー間違いなく向こうは降ってるな〜。

と覚悟を決めて雨用装備に変更して本線に戻ると、案の定。
程なくして雨が降り出し、進むにつれてどんどん雨脚が強くなってきました。
湯沢ICで関越道を下り、国道17号線に入った頃には土砂降りという言葉では足りないくらいの強い雨が。下手したらこのあたりの峠道は降水量規制で通行止になってしまうかも・・・。

そんな不安を覚えながら越後湯沢から苗場方面に峠道を登っていくと、目の前に見慣れた車が走っているのが確認できました。
そう、東京からやってきたうちの家族が運転しているフリードハイブリッド!(笑)まさかここで落ち合うとは!

その後苗場の部屋で無事に合流。僕は全身ずぶ濡れなのでひとまず着替えてから風呂の用意をし、ここからはフリードハイブリッドで家族と行動を共にします。これなら雨が降っていてもへっちゃらなのだ(笑)

行きつけの「宿場の湯」でほっこり体を温め、休憩室でしばしダラーン。ガラス越しに外を見ても(肉眼でははっきりとわかるくらいに)かなり強い雨が。
・・・車ってありがたい(笑)

そしてへぎ蕎麦を食べに越後湯沢の麓に下ります。
こちらも毎度おなじみの「中野屋」さん。もっとも、普段は魚野川沿いにある塩沢店でいただくのですが、今日は越後湯沢駅前にある本店でいただきます!
どちらの店舗でいただいても美味しいことに変わりはないので(笑)

家族はこの後(日帰りなので)東京に戻りますが、僕は苗場で一泊して帰ります。なので今日の夜の食事(というか、飲むおつまみですね)と、明日の朝食の買い出しも兼ねてこれまた毎度おなじみのスーパーNOGUCHIに立ち寄りました。まだ雨が少しぱらついていたのですが、なんと目の前に巨大な虹が!
つくづくD80を持ち歩けていないのが残念でなりません・・・orz(しつこい?)
でも、iPhone5Sでもなかなか迫力ある写真が撮れた・・・かな?

スーパーNOGUCHIで買い物を済ませたら苗場に戻り、僕(と荷物)だけ落としてもらって家族は一足先にフリードハイブリッドで東京に戻ります。
車で戻るのですから多少荷物が増えても全く問題ないはずなので、ここにたどり着くまでの間に購入したお土産を持って帰ってもらうことにしました(笑)
これだけでも随分と身軽になれますから(^ ^;;

家族を見送った後は、部屋でのんびり一人酒。
今日も結構走り回ったな〜。明日は晴れてくれるといいな〜。などと取り留めのないことを考えながら、ニュース番組を見つつビールとおつまみで一息入れます。でも、入れられるのはほんの一息。

だって、今日ももう疲れ切っていますから(笑)
軽く飲んだらあっという間にお布団でおやすみタイムです。明日はいよいよ東京に帰るのか〜。今回の旅も、もう終わってしまうんだな〜・・・。

最終日につづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)