CentOS 6.xのyum環境設定

Windowsだって、インストールしたら次にするのはWindowsアップデートですから(ホント?)、Linuxもインストールしたらyumできるようにしなければなりません。CentOS 5.xの時は特に設定を変更することなくyum updateできましたが、せっかく6.xになったので、きちんと手順を踏んで使えるようにしましょう。

なお、参考にさせていただいたのはこちら。この『CentOSで自宅サーバー構築』さまにはいっつもお世話になりっぱなしです。

さて、そのページを参照しながら、行わなければならない作業を書き出すと。

  1. yum-plugin-prioritiesのインストール
  2. CentOS-Base.repoの編集
  3. RPMforgeリポジトリの追加

の順番で作業を行います。

まずはyum-plugin-prioritiesのインストールから。これは普通にyumでインストールします。

# yum install yum-plugin-priorities
(中略)
======================================================
Package                     Arch         Version              Repository  Size
======================================================
Installing:
yum-plugin-priorities       noarch       1.1.30-14.el6        base        22 k

Transaction Summary
======================================================
Install       1 Package(s)

Total download size: 22 k
Installed size: 28 k
Is this ok [y/N]:

と聞かれるので、yしてインストールします。
インストールが完了すると、複数のリポジトリからyumするときに、競合するパッケージがあった場合の優先順位(プライオリティ)を設定することができる・・・ようになるみたいです。
で、続いて行うのがその優先順位の設定。最後にサードパーティ(というのか?)のリポジトリであるRPMforgeのリポジトリを追加しますが、RPMforgeのパッケージで標準リポジトリのパッケージを上書きしないようにするわけです。

編集するファイルは/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repoです。これをviで開きましょう。

# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo

すると[base][update][extras][centosplus][contrib]というセクションが確認できます。このうちの[base][update][extras]の三つのセクションに、「priority=1」と加筆します。

これで標準リポジトリ優先の設定になっている(はずな)ので、サードパーティのリポジトリを安心して追加できます。

まずはrpmforge-releaseのRPMファイルをダウンロードします。参照先のサイトでは

# wget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.i686.rpm

とあるのですが、よく考えたらうちはi686ではなくx86_64です。なのでちょっと探して見たところ、rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.x86_64.rpmというバージョンがみつかりました。
なのでこちらをインストールすることにします。これは普通にブラウザでダウンロードしました。

ダウンロードできたらインストールします。

# rpm -Uvh rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.x86_64.rpm
警告: rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA/SHA1 Signature, key ID 6b8d79e6: NOKEY
準備中…                ####################################### [100%]
1:rpmforge-release       ################################## [100%]

これでインストールは終了!
ところで、rpmforge-releaseが最新版であるかどうかの確認が必要です(実はダウンロード先でもこれが最新版出ないことは分かっていた)。せっかくなので、参照したサイトでも行われていたように、rpmforge-releaseをyum updateしてアップデートがあるか確認してみましょう。

# yum update rpmforge-release
Loaded plugins: fastestmirror, priorities, refresh-packagekit, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.tsukuba.wide.ad.jp
* extras: ftp.tsukuba.wide.ad.jp
* rpmforge: ftp.riken.jp
* updates: ftp.tsukuba.wide.ad.jp
base                                                     | 3.7 kB     00:00
extras                                                   | 3.5 kB     00:00
rpmforge                                                 | 1.9 kB     00:00     
rpmforge/primary_db                                      | 2.6 MB     00:00   
updates                                                  | 3.4 kB     00:00
15 packages excluded due to repository priority protections
Setting up Update Process
Resolving Dependencies
–> Running transaction check
—> Package rpmforge-release.x86_64 0:0.5.2-2.el6.rf will be updated
—> Package rpmforge-release.x86_64 0:0.5.3-1.el6.rf will be an update
–> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

===================================================
Package                Arch         Version               Repository      Size
===================================================
Updating:
rpmforge-release       x86_64       0.5.3-1.el6.rf        rpmforge        12 k

Transaction Summary
===================================================
Upgrade       1 Package(s)

Total download size: 12 k
Is this ok [y/N]:

yすればアップデートが完了しますが、注目はボールドにしたところ。ちゃんとRPMforgeのリポジトリが入っていることがわかりますね!

RPMforgeのリポジトリが入ると、いろいろなお便利アプリケーションをyumでインストールできたりするようになるのでオススメなのでした。

さ、でもまずはCentOS 6.x自体のアップデートを行っておかなくちゃ、ね!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)