MacBook Airをテレビ(AQUOS)につなぐ

実家に寄贈し、その後私の母親が愛用しているMacBook Air。しかし、老いた母が使うにあたって、少しだけ問題になることも。 それが、画面。 MacBook Airの前は、Sonyの15インチVAIOノートを使っていました。画面アスペクト比は4:3で、解像度は1,024 x 768で使っていました。デスクトップは手狭ですが、(Linuxだったこともあり)アイコンや文字などはそれなりに大きく表示されていました。 それがMacBook Airでは13.3インチで解像度が1,440 x 900(アスペクト比16:10)ですから、デスクトップは広くなっても相対的に(というか、絶対的に)画面を構成する個々の要素は小さくなってしまいます。 一応解像度を1,152 x 720まで下げているのですが、画面サイズ13.3インチはどうにも小さくていけないようです。 youtubeやDVD、CDなどは問題ないのですが、デジカメで撮影した写真をアルバムにしたりする時に、画面が小さいのと解像度が低いのがネックになるようです。 そこで、MacBook Airを実家にあるテレビ、AQUOSに接続することで巨大な画面サイズと広大なデスクトップを手に入れることを画策、ネット上で色々検索してみましたところ・・・。 うちのMacBook Air(Thunderbolt搭載)とAQUOS(HDMI搭載)を接続するには、apple純正のケーブルを使う以外にも、MacLabというメーカーのThunderbolt to HDMIケーブルというのを使うといい、という情報結構ヒットしました。 基本はアマゾンで販売されているものらしいので、早速アマゾンでポチッと。そして待つ事数日・・・。 IMG_6767 製品がやってきました。 テレビに接続して使う事、HDMI端子にしてもThunderbolt端子にしても、向きが固定されてしまう事から(互いの接続口が向き合うように置いて使えるとは限らない)、少し長めの3.0mの長さのものをチョイス。 IMG_6768 早速開封してみました。こういう丸め方は、USBケーブルやLANケーブルと同じですね(笑) IMG_6769 HDMI側。端子は金メッキされ、また端子を保護するようにキャップがつけられています。なかなかきちんとしています。 IMG_6770 こちらはThnuderbolt側。Thunderbolt側もHDMI側と同様、キャップで端子が保護されています。 IMG_6771 実家のAQUOSを確認すると、HDMI接続口は全部で三箇所ありました。今回は一番つけやすそうなHDMIの3番接続口を利用する事にします。 IMG_6773 ここにケーブルのHDMI端子を差し込みます。HDMIは表裏・・・というか、上下があるので間違えないように差し込みます。 なお、後でAQUOSで入力画面を切り替えなければなりませんから、このHDMIの3番というのはしっかり覚えておいたほうがいいでしょう(笑) IMG_6774 そうしたらMacBook Airを起動します。 IMG_6775 起動を確認後、本体のThunderboltコネクタにケーブルを接続します。一番右がThunderbolt端子です。小さいですね! ちなみに真ん中はUSB(たぶん2.0)、そして左はSDカードスロット。 IMG_6777 なお、Thunderboltは裏表(上下)がありませんから、逆差ししても大丈夫です。 MacBook Air、AQUOSとも電源を入れたままこのケーブルの脱着は行えるようです。 IMG_6778 つないだら、AQUOSの入力切り替えをHDMIの3番にします。するともうそれだけで、ドン! IMG_6779 ちゃんとミラーリングされている事が確認できます。でもよく見るとわかるのですが、AQUOSの画面で、(Windowsで言う所のタスクバーが)少し欠けているのが確認できます(MacBook Airの内臓ディスプレイではきっちりサイズがあっています)。 どうやらAQUOS側で画面解像度があっていないようです。 IMG_6780 画面のプロパティ(Macではそうは言わないのかも?)で、内臓ディスプレイと外部ディスプレイ(Sharp HDMI)がある事が確認でき、それぞれ独立して解像度を設定する事が可能になっているので、ここからAQUOS側の解像度を色々変更して、欠ける事なく画面を表示できる設定を探します。 探したのですが・・・。 これがなかなかうまくいかず。ものすごく解像度を低くするとうまくフィットするのですが、高解像度での表示はどれもうまくいきません。特にフルハイビジョンサイズだとどうしても上が少し欠けてしまいます。 これはもうMac側では対応できないので、AQUOSのマニュアルを引っ張り出してにらめっこ。 すると。 IMG_6781 これで調整できる事がわかりました。 デジタルデータをデジタル通信でデジタルデバイスに投影しているのですから、もちろんドットバイドットで表示させればいいわけですね。 これでフルハイビジョン(1,080p)で、画面が欠ける事なく表示されるようになりました。 この辺は接続するテレビによって合わせ方が異なるでしょうから、ご自宅のテレビのマニュアルを見ていただくとして、とにかくMac側の画面のプロパティだけではうまくいかないっぽいということを覚えておけばよろしいかと。 IMG_6782 そしてその結果、こうなったのでした〜。 ちなみにアスペクト比が異なるからでしょう、AQUOS側の表示に合わせると、Macの内臓ディスプレイで上下に黒い帯ができてしまいます。 なるほど、だから内臓ディスプレイに合わせるとAQUOSでは表示が欠けてしまったわけか〜。 ま、テレビに接続して使うときはテレビの画面上を見ながら操作しますから、内臓ディスプレイの上下の帯はきにする必要もないでしょう。 ちなみにこの状態でThunderboltーHDMIケーブルを抜くと、MacBook Airは自動的に内臓ディスプレイのみの表示となり、画面のプロパティで設定した解像度に自動的に戻って表示されるようになります(黒い帯などが出たりはしない)。 そしてそのまま再び同ケーブルを接続すると、自動的に先ほど設定した解像度(AQUOSでぴったりサイズ、内臓ディスプレイには黒い帯)という状態に移行します。 接続状況に応じた解像度設定をきちんと保持してくれているようで、これはとてもいいですね! こうしてMacBook AirをAQUOSにつなぐと、フルハイビジョンのyoutubeなんかも全画面表示させて色鮮やかに見る事ができますし、もちろん音声も同ケーブルを通じて映像と同時に送られますからきちんとAQUOSのスピーカー(うちはスピーカーは外付けで別のものをつけていますが)から鳴りますので、MacBook AirとAQUOSをつなぐのはThunderboltーHDMIケーブル一本だけとなります。 これはかなり使い勝手がいい! というわけで、たった一本のケーブルを購入するだけでここまで快適な環境を構築できるというのはとてもナイスだなと思いました。 さすがMac!(Windowsでもできるのでしょうが)。 これ、Linuxじゃこうはいかなかったもんね〜〜(笑)... [続きを読む]

0

MacBook Airが突然ブラックアウトしてしまう

実家に寄贈して、現在うちの親が使っているMacBook Air。さすがゼロスピンドルで、快調に動いていたのですが、今朝連絡があって、なんでもCDを聞き流していたら、いきなり画面が真っ黒になって、何もできなくなってしまったとのこと。 光学ドライブはつけていないので、たぶんiTunesで音楽を聴いていた、ということなんだろうと思いますが、外付けのトラックボールを動かしてもキーボードを押しても汎用がないそうです。 とりあえず、電源ボタン長押しで強制的にリブートできることを(電話だったのでかなり苦労しつつなんとか)教えて、再起動させることができたので、そのまま使ってもらいました。 でも、夕方にまたメールがきて、同じ状況になってしまったとのこと。 ただ、今回はリブートの仕方を覚えていたので、自分で対応できたみたいです。 しかし、立て続けに同じ変な状況になるのはよろしくありません。と言っても、手元に実機があるわけでもないので、まずは同じような現象の人がいないかチェックすることにしました。 そしたら、こういう情報が。 どうも、作業中にもかかわらず勝手にスリープモードになり、復帰できなくなるらしいのです。これなら画面が真っ黒になってしまうという状況にも合致します。そして復帰できないなら当然トラックボールやキーボードを操作しても反応がないこととも合致します。 で、そのページによると、PRAMリセットという方法で改善する可能性があるそうです。 iphone5sから、帰宅の電車での投稿なので詳細はリンク先をみてもらうとして、その方法だけ引用しておきます。
Macの電源をOFFにする Command、Option、P、Rの4つのキーをいつでも同時に押せるように確認(場所の確認だけ。まだ押しません) Macの電源をONにする 「ジャーン」といういつもの起動音が鳴ったら、さっき確認した Command、Option、P、R の4つのキーを同時に押し続ける Macが再起動して2度めの「ジャーン」という起動音が鳴ったらすべてのキーから指を離す
という方法だそうです。 今度実家にいったら、ためして見ることにします。これで症状が収まってくれるといいのですけど…。... [続きを読む]

+1

MacBook Airでアプリを終了する

だいぶその使い勝手にもなれてきたところなのですが、一つ困ったことが。 スクリーンショット 2014-08-09 21.10.38これはちょうどターミナルを起動したところ。これは別に問題ありません。普通にターミナルとして機能しますし、SSHなどのコマンドも普通に使えます(suはダメだけど)。 問題は、これを終了する時です。 Linuxならexitコマンドでターミナルを終了、ターミナルウィンドウを閉じることができるのですが、MacBook Airではexitコマンドで終了することができません。 そこで普通に左上の×をクリックして終了させようと思ったのですが・・・。 スクリーンショット 2014-08-09 21.10.45DOCK内を見てください。赤丸で囲っておきましたが、これ、ターミナルのアイコンです。 DOCKの中にアプリが残される基準が今ひとつわからないのですが、基本的には起動しているアプリが(も)ここに加えられます。 Windowsで言うところのタスクバーみたいな役目を果たしている・・・のかな? で、この赤丸部分を見ると、何かが光っています。実はこの光っている何か、これはアプリが起動中であることを示すマークだったんです。 つまり、少なくともターミナルに関しては、左上の×をクリックしてウィンドウを閉じても、それだけではアプリを終了できていない、ということですね。 これは何となく気持ちが悪いので、アプリを終了するにはどうしたらいいのかを調べ回ったところ、Command+Tabでアプリの切り替えができ、切り替えたままQキーを押すとアプリが終了できる、という情報を得ました。 で実際に試して見たところ、なるほどこれでスウィッチャーが起動し、きちんとアプリが終了させることができました(この例ならターミナルが終了)。もちろん、DOCKからも削除されました。 機動は簡単だけど終了が面倒くさいのは、iphone5sに似ているのかも・・・?ま、おなじapple製品だし、当然といえば当然か・・・(笑)... [続きを読む]

0

タイトルの入力ができない!?

MacBook AirからBLOGに新規ポストしようとすると、ちょっと困ったことが。 それは、タイトルの入力。 日本語入力をONにしてタイトル欄に文字を入れようとすると、必ず3文字目の母音で(僕はローマ字入力派)で入力不可能な状態に。 特定の文字でそうなるということではなく、日本語入力をONにした場合はどの文字でも、それが漢字に変換する文字でもカタカナで表記する文字でも、必ず3文字目の母音部分で入力を受け付けなくなってしまいます。 しかも、そのままWordPressの新規ポスト画面が再表示されてしまうため(読み込み直されてしまうため?)、またタイトルの入力からやり直しとなり、すると3文字目でまた同じ状況になり・・・と延々無限ループのようになってしまいました。 とりあえず記事欄には普通に文字がうてるので、今回はここに一度タイトルを入力してその文字列をコピー&ペーストすることで対処しましたが、これはこれで由々しき事態・・・かな?(~_~;; ちなみにMacBook Airでテキストのコピーを行うときはcommand+C、ペーストするときは同じくcommand+Vです。 最初それに気づかず、ずっとctrl+C、ctrl+Vでやっていてうまくいかず、もしかしてMacBook Airにはショートカットキーなる存在はないのでは・・・と疑ってさえしまいました(笑) 郷に入っては郷に従え。 早いとこMacBook Airの操作方法にもなれないといけませんね。 (例えばdeleteキーはWindowsでいうところのbackspaceキーで、Windowsでいうところのbackspaceキーは(たぶん)無い、とかね) ※追記 タイトル部分だけではなく、タグの入力も3文字目母音部分でだめになることが判明! 相性・・・なのかなぁ? ちなみに、タイトル部分・タグ部分とも直接入力では問題ありませんでした。... [続きを読む]

0

MacBook Airでroot権限を使う

差し当たって持ち出す予定がないMacBook Air。 なので、宅内LAN側から自前のwebサーバにアクセスできるように、/etc/hostsを編集することにしました。 ところで、MacBook Airでもターミナルからviを起動してテキストを編集できるので、使い勝手はlinuxそのものです。 で、/etc/hostsを編集するにはroot権限が必要ですから、linexと同じように $ su – したら、それはできない、とエラーが。 最初パスワードが違うのかな?と思ったのですが、そんなことはなく、どうやらsuでrootになれないのはMacBook Airの仕様のようです。 では、どうやってrootになればいいのでしょう? と調べてみたところ、suではなく、sudoを使うことが分かりました。 linuxと似ているようで、細かく違うところはやっぱりあるものなんですね^_^;... [続きを読む]

0

MacBook AirでSSH(AirDropとsamba)

クライアントマシン用途で使用することに決めたMacBook Air。 しかしそのために、まずはMacBook Airで自前サーバにアクセスできるようにしなければなりません(名前解決の関係で、LAN側からboota.mydns.jpにアクセスは出来ないので、ブラウザでアクセスするのはもう少し後に考える事にします)。 そのためにとにかく必要なのがSSHクライアント。これがないとサーバの状況を確認する事ができないからです。 で、MacBook AirのSSHクライアントはどのようなものがあるのかと探してみたら・・・。 なんてことはありません。 現在のMacOSって、基本Unixベースなんですよね。そう、つまり基本環境はうちのメインマシン、つまりLinuxと一緒。 ターミナルを起動して、sshコマンドでSSH接続できるのでした。 SSHの環境が整っている事はよかったのですが、次に考えなければならないのがSSHでログインする際のパスフレーズ(秘密鍵)をどのように処理するか、です。 ものすごく簡単に言ってしまえば、現在私が使っているその他のSSHクライアントに保存されているSSHログインパスフレーズ用の秘密鍵をどうやってMacBook Airに持ってくるか、です。 現在僕がサーバにSSHログインする可能性があるクライアントマシンは二つ。 一つは、もちろん自宅に置いてあるメインマシン(CentOS 6.x)。 もう一つは、iphone5s。 どちらにも同じ秘密鍵を保存してあります。なので、どちらか一方の秘密鍵をMacBook Airにコピーすればいいのですが、さてどちらにすればよろしいでしょう。 ちなみにこの時点でメインマシンは立ち上がっていませんでした。 とくれば。 iphoneにはiphone同士でやりとりできる仕組み、AirDropがあります。 そしてよくよく見ると、MacBook AirにもAirDropがありました。 なら、AirDrop同士でサクッとやりとりしちゃう方が簡単ですよね! そこでさっそくトライしたのですが、二つの理由でこの方法は断念しました。 一つは、僕がiphone5sでファイル管理を行っているDocuments by Readdleというアプリが、どうやらAirDropでのデータのやりとりに対応していないようであったこと。 iphoneは各アプリにそれぞれ専用の作業領域(保存領域)を設けさせるようになっているので、iphone5sに保存されている秘密鍵ファイルはこのDocuments by Readdleからしかアクセスできません。そのため、他のAirDropに対応しているアプリからDocuments by Readdleが保存したファイルにアクセスしようとしてもできないんです。 あるいは共有ディレクトリみたいなものがあるのかもしれませんが、今のところはわかりません。 それよりもより根源的だったのが、もう一つの理由。 それは、そもそもiphone5sのAirDropはiphone同士でのファイル交換しか想定しておらず、Macとのやりとりはできないということです。 (次期バージョンでは解決されるらしい?。また、現時点ではこういう方法もあるようです。) なので残念ですがiphone5sに保存されている秘密鍵をコピーするのは諦めました。 次に試すのが、メインマシンとMacBook Airとでやりとりする方法です。 現在iphone5sとメインマシンとはsmbプロトコルを使ってやりとりしているので、多分MacBook Airとも同じ方法でやりとりできるはず・・・(メインマシンが他のクライアントに対してファイルを共有できる仕組みはsambaしか構築していないと言う理由もあります)。 では、MacBook Airでsambaでアクセスするにはどうすればいいのでしょうか。 mac_samba_01 まずはMacBook Airを立ち上げ、ユーザでログインしたらデスクトップ上にあるメニューバー(っていうの、これ?)から、「移動」をクリックしプルダウンを表示、一番下にある「サーバへ接続」をクリックします。 mac_samba_02 すると接続先を入力できるようになるので、

smb://xxx.xxx.xxx.xxx... [続きを読む]

0

新しいサーバマシンがきた・・・んだけど・・・

さて、例のぶっ飛んでしまったサーバマシンですが、現在ケース及び電源を移植することで(というか、載せ替えることで)辛うじて稼働している満身創痍の状態です。 どれくらい満身創痍なのかというと、2014World Cupで負傷退場してしまったネイマールくらい・・・か・・・?? ごめんなさい、サッカーの事なんて詳しくないので突っ込まないでください。 そんなわけで、なんとか稼働中のサーバはいつ何時停止に追い込まれるかわかりません。そこで色々な知り合いに「処分予定のPCありませんか?」と尋ねてみたところ、一人から「いらないノートPCがあるから、よかったらあげるよ」というナイス!なお返事が。 ということで、今日さっそくいただきに行って参りました(もともと別の要件でその人のところに行く用事があったので)。 ここで問題。 この時期いらなくなる(処分しなければならない)PCといったら? 普通に考えれば、いわゆるXP世代のチョー中古PCを想像しますよね。それが仮にノートPCであったとしても。 僕も当然そのつもりでいました。 いらなくなるくらい古いPCなんだろうから、気兼ねなくもらえる、と。あるいはアップグレードするのが面倒もしくはやり方が分からないし、それなら買い換えちゃったほうが手っ取り早い、と考えているのだろう、と。 いずれにしても使わなくなっちゃうPCなんだから、リユースの精神で(笑)遠慮なくいただいてしまえるなぁ、みたいな。 うちの冷蔵庫だって、そうやって引き取り手が決まった訳ですから。 XP世代のPCといったって、つい先ごろまで使用していたPCなのでしょうから、それまでは現役で使っていたはず。とすれば、うちのDNRH-001よりはスペックは上でしょうし、スループットだって上であることは間違いありません。 ってなことで、古いのは全然OKなので、(CentOSのインストールが楽になる)光学ドライブがついたモデルだといいな~なんて思いながら伺ってみると。 IMG_1174ん? このマークは知ってるぞ。うちのiphone5sにもついているもんね。でもiphone5sはこのリンゴをいかしたケースに収まって・・・ってそんな話はどうでもよく。 おかしいな、ウィンドウフラッグがないのはなぜだ・・・? ・・・って、これ、Macintoshジャン!!しかも! IMG_1176MacBook Airだよ! 起動して型番調べてみたら、スペックはこうだった!!

MacBook Air 13-inch,Mid 2011 プロセッサ 1.7GHz Intel Core i5 メモリ 4GB 1333 MHz DDR3 グラフィックス Intel HD Graphics 3000 384MB ソフトウェア MacOS X Lion 10.7.5... [続きを読む]

0